猫ちゃんはあごの下を撫でるとメッチャ気持ちいいのだ!!

猫ちゃんはあごの下を撫でられると、

めちゃくちゃ気持ちいいんです!

 

目をつむったり、トロンとするのも、

気持ちいいからです!

 

なんでかというと、猫ちゃんにとって

あごの下は、むず痒いところなんです!

 

そんな気持ちいいあごの下を

撫でてあげれば、猫ちゃんの

さらなる信頼にもつながります!

 

なので、そんなあごの下の魅力を

伝えたい今回です!笑

 

参考になれれば嬉しいです^^

 

スポンサーリンク

あごの下は弱点だから気持ちいい?

上であごの下はすごくむず痒い場所

とお伝えしました。

 

その理由は、

自分のにおいが出る臭腺があるからです!

 

私たち人間もにおい出しています。

例えば脇の下とか。

股間とか^^;笑

 

こういう場所って、

他の部分よりなんだか痒くなる

ところでもありますよね?

 

猫ちゃんの頭がそういう場所なので、

とてもむず痒いのです。

 

なのに自分の頭は舐められません。。

頭以外はペロペロと舐めれますが、

頭は前足に唾液をつけて、

掻かないといけません。

 

直接唾液をつけて舐めるより、

効果は半減しちゃいます。

 

顔の横や後ろ、口まわりは

一緒に暮らしている猫に

掻いてもらったり、

壁にこすり付けたりできますが、

 

あごの下はその方法でも

難しい場所なのです!

 

だから飼い主であるあなたに

掻いてもらえると、

とても気持ちいいのですよ!

 

あごの下はこう撫でると気持ちいい!

手の4本の指を使って、

優しくカキカキしてあげるといいです!

優しくさすってあげるのもありです!

〔引用動画:猫を撫でると気持ちいい場所いろいろ

 

正直言うと、猫によって

撫でられる強さに好みがあります!

 

この動画の猫ちゃんのように、

目を閉じて気持ち良さそうな

表情をしてくれると

喜んでいるのがわかりますね!

 

うれしそうにのどをゴロゴロと

鳴らす猫ちゃんもいます!

 

あなたの猫ちゃんの反応を見ながら

色々と調節してみてくださいね!

 

それと、撫でている時間

タイミングには気をつけてくださいね!

 

いくら喜んでいても、

長い時間やると嫌がってくる

猫ちゃんもいます。

 

しっぽを左右にブンブン振っていたり、

体が固くなるようにこわばってきたら、

嫌なサインなので、その時は一旦撤収

してあげてくださいね。

 

撫でるタイミングは、

猫ちゃんから寄ってきた時が

ベストです!

 

でも飼い主さんそれぞれの

撫でるタイミングがあると思います!

 

でもぐっすり寝てたり食事中には

避けてあげたほうがいいと思います。

嫌がる猫ちゃんが多いからです。

 

スポンサーリンク

あごの下はニキビができやすい!

猫ちゃんが自分で掻けないあごの下は

汚れが残りやすい部分です。

 

ごはんで汚れたままにすると、

黒いポツポツとしたにきびが

できやすくなってしまいます><

 

にきび体質になると、

なかなか治すのに時間がかかる

ことになってしまいます。

 

なので、ごはんが終わったら

濡らしたコットンやタオルで、

汚れを取ってあげてくださいね!

 

そして普段から、

あごの下を撫でる時に、

ニキビや何かができていないかを

チェックしてあげると一石二鳥です!

 

詳しくはこちらにも書いてますので、

ぜひぜひ参考にしていただけると

嬉しいです!

猫ちゃんの顎の下に黒いぶつぶつ・つぶつぶの原因は?にきびの対策を!

 

あごの下を通して信頼関係を作る!

何度も言ってしまってますが、

あごの下は気持ちいいです!

 

ということは、そこを撫でてあげると

猫ちゃんはうれしいです!

 

しっかりと猫ちゃんの気持ちに

答えてあげることは、

猫ちゃんからの信頼につながります!

 

普段仕事で猫ちゃんと過ごす時間が

あまり取られない方は、

ぜひスキンシップの1つとして

重点的にあごの下撫でを

やってみてくださいね!

 

猫ちゃんのあごの下撫でまとめ

  • 猫ちゃんはめっちゃ嬉しい!
  • あなたの猫ちゃんが喜ぶ強さを見つける!
  • にきびの予防にもつながる!

でした。

 

あごの下は弱点でもあるので、

猫ちゃんが撫でてもらってる

=あなたを信頼している

 

です!

あなたの猫ちゃんだけの喜ぶ

反応も楽しんでくださいね^^

では幸せな猫ちゃん生活を!!

 

スポンサーリンク

 


 




 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る