猫の飼い方~夜寝るとき電気編!あなたも肥満防ぐダイエット効果も♪

猫ちゃんの飼い方で、夜寝るときに

電気を消すのは大丈夫?

って感じることありますよね。

 

後ほど詳しく説明しますが、

全部電気消して大丈夫です!

豆電球もつけなくても大丈夫です!

 

といっても電気消すと鳴くんだけど…。

という方にも役に立てる対策

合わせてお伝えしたいです。

 

さらに調べていると、豆電球の明かりを

夜間、寝る間につけたままにすると、

肥満になるリスクになる可能性がある

という論文も発見できました。

 

なので、電気を消して寝ることで、

あなたも猫ちゃんも自然とダイエット

効果までゲットできるかもという

良いことづくしなことをテーマに

お伝えしていこうと思います!

スポンサーリンク

 

どちらかというと電気まぶしく感じてる

私達人間と猫ちゃんの目は、基本的に

同じ作りではありません。

 

なんでかというと、人が辺りをほとんど

見ることができない暗さの時間帯に、

獲物を捕まえられるような

目になっているからです。

 

全く光が0の空間だと、何も見えないの

ですが、自分の寝るときを考えてみても、

何かしら薄明かりはあります。

 

カーテンからわずかに漏れてくる光とか、

電気のスイッチ部分の光とか、

そんなわずかな光でも、猫ちゃんは人が

日中に暮らすレベルで見えていると

言われているので、大丈夫です。

 

ちなみに夜行性と言われていますが、

実は真夜中ではなくて、夕暮れ過ぎや

明け方のような微妙な明かりしかない

時間に行動するのが猫ちゃんです。

 

日中も昼寝していることが多いですし、

元々の生活を考えても、わずかな光でも

十分動ける目になってます。

 

それと、寝ている時に仰向けで目を隠し

たり、うつ伏せで通称「ごめん寝」

のような仕草をしながら寝る

猫ちゃんもいますが、

 

電気がまぶしいのが理由でそういう

ポーズをしていることもあります。

 

なので、その寝相を目にすることが

多いと、寝るのには明るすぎるんだな

って判断することもできます。

 

猫ちゃんの目や、目隠しで寝ることに

ついては掘り下げた記事がありますので、

よろしければこちらもぜひ↓

猫ちゃん寝るときに目隠して仰向け&うつ伏せ土下座寝の理由は電気?

 

電気消すと夜鳴きには、見える化対策!

電気消すと夜鳴きしちゃうから、

消すのに抵抗がある…とあなたは

感じるかもしれないですが、

 

そんな時には対策あるのでやってみて

欲しいです。

 

多く聞くのが、「寂しい」夜鳴きです。

家に迎えたての子猫ちゃんが多いですが、

寂しがりやの猫ちゃんだと、大人に

なっても寂しいと感じるそうです。

 

一番いいのが、あなたの姿が見える所に

寝てもらうことです!

 

いつでも顔を見れる状態を作って、

安心してもらいましょう。

 

部屋違いの場合はドアを開けっぱだと、

例えばケージの中からでも、ケージ外で

寝ている猫ちゃんなら、寂しい時に

あなたの寝床にやってこれたりするので

おすすめです。

 

それでもダメな時は、あなたの寝床の

近くにケージや猫ベッドを置いたり

すると鳴き止む子もいます。

 

電気を消し始めて、最初は鳴いていても

日が経つとあなたの生活リズムに慣れて

鳴かなくなることもあるので、気長に

構えることも大切だったりします!

 

寂しい以外には「掃除」の夜鳴き

という可能性もあります。

 

見落としがちですが、トイレが汚く

なっているので、掃除してー!

の意味で鳴く猫ちゃんもいます。

 

寝る前にチラッと確認だけしてあげる

だけでいいのでぜひ!

 

スポンサーリンク

電気消すと運動会は寝る前遊び!

電気消すと運動会が始まって、

お腹踏まれてグハッっとなること

もあります。

 

そんな時は寝る前に遊んで

あげてみて下さい!

 

理想は、満足して眠くなっている

のを見て取れるくらいです。

 

一人暮らしで仕事していると、

遊んであげる時間が少なくなりがちで、

日中からの運動不足解消に運動会が

開かれている事もあるので、

ぜひやってみて下さい。

 

豆電球つけ寝は肥満に1.9倍なりやすい!

これは調べていて自分でも驚きでした!

 

ざっと説明しますと、人間での場合

夜間に豆電球程度の明かりをつけて

寝ている人は、消して寝ている人に

比べて1.9倍肥満症をもっているという

ことが書かれていました。

〔参考:夜間の豆電球使用が肥満・脂質

異常症のリスクになる可能性を示唆〕

 

電気消すだけで、肥満対策のダイエットに

なってるのって素晴らしいですよね^^

 

今お伝えした事は、あなたにとっての

肥満対策になるのですが、猫ちゃんにも

関係あると思うのが、実はこの研究が

される前の動物実験で、光と体重の関係が

研究されています。

Light at night increases body mass by shifting the time of food intake

 

ざっと説明すると、この研究はラットを

3つの違う環境に分けています。

 

一日の半分を明るいところは共通で、

残りは明るい、薄暗い、真っ暗の

3つです。

 

それでどのマウスにも同じカロリー量、

同じ活動量で比べてみると、

真っ暗ラットに比べて、明るい薄暗い

ラットは大幅に体重増えました。

 

そして何が言いたいかというと、

ラットも人間も同じような結果って

ことは、研究されて無いけれど、

猫ちゃんも同じなんじゃないか?

ってことです!

 

日中はちゃんと光に当たって、

夜はちゃんと電気消して寝るだけで

肥満防止につながるなんて、

最高じゃないですか!!!

 

猫も人も肥満多いのが悩ましい

なんで今回、夜電気消すことに

肥満のことまで書いたかというと、

飼い猫ちゃんでも肥満な猫ちゃんが

多いからです。

 

いま書いている時の確認ですが、

だいたい40%くらいだそうです。

 

人間もそうですが、肥満なんて

いいことありません。

(個人的にはガリガリしてない

人がタイプですー♪

はい、誰も聞いてませんね笑)

 

糖尿病にもなりやすいし、

皮膚病も、関節だって負担かかるし、

病気になった時の麻酔さえリスク

高くなってきてしまいます。

 

猫ちゃんがやせるよりも太る方が

あまり気にしない方が多いと聞き

ますが、長生きしてもらうなら

肥満は避けたいところです!

 

とは言っても、太ってるかの基準も

分からないと、あなたも判断しにくい

かなと思うので、後日別の記事で

そのことを書いていきたいと思ってます!

(できましたらリンクはりますね^^)

 

LET’S 健康に幸せ長生き♪

 

まとめー。

夜寝るときに電気消しても、

猫ちゃんは大丈夫です!

というか、消す方をおすすめです!!

 

その理由は、豆電球の明るさでも、

夜間に付けっぱなしは、1.9倍肥満

になる可能性があるからでした!

 

でもでも電気消すと鳴くし運動会が

始まるのです……という時は、

  • 顔が見れるように安心感を
  • 出入り自由にしてみる
  • リズムに慣れてくる子もいる
  • 運動会には寝る前運動です

みたいなことを試してみて下さいね!

 

ではでは猫ちゃんもあなたも共に

暮らしやすく幸せな生活を♪^^

スポンサーリンク

 


 




 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る