まるで獲物?猫が足に飛びつく&足を噛む理由と解決方法!

こんにちは、たくみです。

 

先日、猫のQ&Aで、歩いていると

”猫が足に飛びつくし足を噛むんです”

と悩んでいる方を見かけました。

 

甘噛みならまだ痛くないですが、

大きくなってから噛まれるのは

痛いですし、

 

また噛まれるんじゃ?

と猫が少し怖くなってしまう

こともあると思います。

 

なのでその理由と、解決方法を

お伝えしますので、ぜひ試して

みてくださいね。

スポンサーリンク

 

足に飛びつく理由は”獲物”に見える?

猫が足に飛びつくのは、

足が獲物に見えるからです。

 

人が歩いている時に多いので、

まるで獲物が動いているように

猫が見えてしまっています。

 

ソファから立ち上がって歩き始める

追いかけてきたりしますし、

 

例えばテーブルの下にいる猫の場合は

自分が草むらの中に隠れていて、

見える足を獲物として捕まえたくなる

まるで自然界の状況が揃っています!

 

なので、狩りをしたい本能の気持ちで

ダッシュをして、最終的には足を噛む

ところまでいってしまいます。

 

ということで、次は解決方法に

うつります!

 

絶対やって欲しい満足する遊び

始めにまず、十分満足してもらえるほど

猫と遊んであげてください。

 

時間は15分くらいが目安で、

仕事の前や帰ってきてからの

朝夜2回がおすすめです。

 

どうして薦めるのかというと、

遊び=狩りだからです。

 

あなたの猫が満足するほど遊んで

いないと感じてると、あなたの足も

遊びの対象に選んでしまいます。

 

十分満足するほど遊んだ猫ちゃんは、

たいてい落ち着いて過ごしてくれます。

 

人の本能の食欲で考えてみると、

腹が減っているなら何かを食べるまで、

食べれるものを探しますよね?

そして食べたら満足で心も穏やかです^^

 

猫ちゃんも本能なので、

同じことだと思っています。

 

そして遊ぶといっても、片手間に

おもちゃをひょいひょいではなく、

こちらも真剣に遊ぶのが大切です!!

(ここが一番大切です)

 

いかに猫をおもちゃに惹きつけて、

狙わせるかです!

 

ソファの陰からチラっと見せ隠ししたり

してネズミの動きをコピーしたり、

 

長いヒモ系のおもちゃはヘビのように

にょろにょろ動かしたり、

 

羽のようなカシャっと音がなる

おもちゃをが歩いたり旋回している

ように動かしたり、

 

あなたの猫ちゃんが一番興味をもって

くれる遊びを探しながら遊んで欲しい

んです!

 

ひとつのおもちゃでは、飽きてしまう

猫ちゃんもいるので、飽きてきた時は

別のおもちゃに何回かローテーションで

変えて遊んであげるのもおすすめです!

 

とりあえず、1日2回15分ずつから

十分に遊んであげる時間を作ってあげる

習慣にすると、足への飛びつきも変わって

くるかと思います。

 

遊び方については、動画を交えたり

しながら別の記事でお伝えするので、

後日ここにリンクしますね!

 

スポンサーリンク

足を噛む時に無反応すべし!

猫ちゃんに飛びかかれて噛まれた時に、

注意してほしいのがリアクションです。

 

実はあなたの足を獲物に見たてて、

遊んでいる猫ちゃんに、例えば

  • ”ダメっ”と声を上げる
  • 手で押しのける
  • 目を合わせる

のは、遊びに参加してあげている

のと同じです。

 

言葉はもちろん通じませんし、

構って欲しい気持ちも入っていれば、

目を合わせるのも猫ちゃんにすれば

ミッション完了なわけです。

 

なのでそんな時は

無視するのが一番です。

 

猫ちゃんにとっても張り合いが

なくなって、良いことがないと

その行動はしなくなるように

なっていきます。

 

立ち止まる作戦

これはその場しのぎなんですが、

もしあなたがソファから立ち上がって

歩き始めた時に、猫ちゃんが走って

きて飛びかかりそうな場面になったら、

 

立ち止まってみて下さい!

 

動きに狩りの気持ちが沸き上がって

くるので、立ち止まって動かなく

なったら狩りの気持ちもなくなって

くれると思います。

 

まとめ

あなたの足を獲物にみたてて

遊んで(狩り)いるのがこの

悩みの本質だと思います。

 

なので、その本能の気持ちを

朝夜2回、15分ずつを目安

あなたも真剣な気持ちで遊んで

あげるところから始めてみて下さい!

 

仕事で疲れてしまっているかもですが、

どうか頑張ってください!!

 

そのほかに、足に飛びつくのは遊び

じゃない!とわかってもらうために、

飛びついてきても無反応。

 

猫ちゃんが走り出したら立ち止まる

で緊急対応しながら、様子をみて

いくと良いと思います。

 

猫ちゃんは遊びのつもりでも、

あなたがケガを負ってしまうレベルに

なり、信頼関係が崩れてしまう例も

みてきました。手放すことになったり。

 

あなたにはそうなって欲しくありません!

少しでもあなたの力になれれば嬉しいです。

 

それでは、また^ ^

 

 

スポンサーリンク


 




 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る