猫が撫でるとその場所を毛づくろいですぐ舐める仕草の意味って?

猫ちゃんを撫でるのって、

自分も癒されますよね!

さらに気持ち良さげな顔をして

くれたらたまりません^^

 

でも撫で終わった後に、すかさず

その場所を毛づくろいするにゃんこ・・・

 

そ、そのタイミングの仕草は

ひょっとして嫌がってる?!

なんて考えることないですか?

 

私はそのしぐさに出会ったとき、

なんとなくしょんぼりしました^^;

 

そう、そこで今回は

撫でた後すぐにその場所を

毛づくろいで舐める猫ちゃんの

意味をお伝えしたいと思います!

 

スポンサーリンク

あなた×猫自身×お部屋のにおいバランス♪

猫はにおいにとにかく敏感です!

においがしっかりついていて初めて

安心できる動物なんです。

 

家具に爪でカキカキしたり、

顔をこすりつけるのを見たこと

ありませんか?

 

あれは顔の周りから出る自分の

においをつけているんです。

 

におい=なわばりと考えているので

あると安心できます!

 

そしてあなたの部屋が好きな猫ちゃんは

あなた×猫自身×部屋のにおい

がうまくバランスとれてる状態が

一番安心できるんだと思います!

 

なのであなたが撫でてあげた時に、

ちょっぴりあなたのにおいが強くなるので

舐めて理想の匂いバランスに調整する

ためにすかさず毛づくろいしてるのです!

 

あなたの匂いも絶対になくてはならない

においの一つなのです!

 

人もお気に入りの香水だったり、

柔軟剤のにおいってあると思いますが、

ほんのり香るのが好きな人もいれば、

プンプンに強いのが好きな人もいます。

それと同じ感覚だと思いますよ!

 

そもそもあなたのことが嫌いなら、

撫でてもらうのも拒否すると思うので、

あなたが好きなのは間違いないです^^

 

毛の流れもこだわるにゃ!

猫ちゃんの毛づくろいには、

毛並みをそろえる意味もあります。

 

例えばこういう毛の流れなら、

風通りが良くて心地よいとか。

 

なので撫でてあげたあとの毛づくろい

には、少し乱れた毛を整えようとする

意味もあります。

 

これを知った時に、昔ポマードで髪の毛

をガチガチに固めていたんですが、私が

車の後部座席からイタズラで何回も

いじっては乱れさせてたのを

思い出しました。(ごめんね笑

 

ピシッとしている毛にこだわりが強い

猫ちゃんもきっと同じだと思います。

どこの毛がいつもと違うかがすぐ

わかる体の仕組みなんだそうです。

 

そんな猫ちゃんには、撫でる時に

毛に逆らって逆撫でしないように

してあげると、すぐ毛づくろいを

しないかもしれないです!

 

そのあたりは、あなたの猫ちゃん

のこだわりの強さも絡んできそう

かなと思います^^

 

スポンサーリンク

とことん嬉しくなる説も。

実はにおい調節・毛の整え以外にも、

あなたのにおいを味わっている!

という説もありました。

 

これ、割とそうかもしれないな。

と思い当たることがありまして、

またたびをあげた時のことです。

 

またたびって、においで味わって

喜んでくれるものなんですよね。

そのまたたびを以前あげた時に、

舐める子がいたんです!

 

それがなんとなく今回の、

撫でた後ににおいが強くなった

部分を舐めて味わっている

説が間違ってなさそうな気が

してきたんです。

 

私は、このにおい味わっている意味

もあるとにらんでいます!!

となると逆にめちゃくちゃに嬉しい

仕草になってきますよね^^ /

 

撫でた場所すぐ毛づくろいまとめ。

今回の内容をスパっと言うと、

  • 理想のにおいバランスに調節にゃ!
  • 毛の乱れは心の乱れにゃ!
  • 大好きなにおいにゃ~!

の3つが候補として考えられました。

 

特にあなたを嫌ってるような意味は

全くありません!!

 

むしろ、あなたの猫ちゃんの

こだわりがわかる部分でもあるので、

”うちの子はこんな子なの” という

オリジナルのことがわかって良い

のではないかな?と感じました!

 

あなたの猫ちゃんは

どんなこだわりが強いですか?

 

これからもあなたと猫ちゃんの

幸せ生活を^^

 

<テーマが似てる記事>

〇またたび関係です。

猫またたびの与え方~1日の害ない粉末量と何歳からの疑問を解決にゃ!

 

〇しっぽ立てる×においの関係?

猫がしっぽを立てるor人に巻きつける時の意味や気持ちを解読する!

 

スポンサーリンク

 


 




 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る