世界遺産の近所でキタキツネとワシとにらめっこ~北の国から気分で♪

こんにちは、たくみです!

 

先日散歩していたら、なんだか異様に

動物たちと出会える日ありましたー

 

そういえばここは世界遺産ではないけど、

近いからなぁ・・・と思って、

にらめっこしてきた日記

書こうと思います。

 

プチ北の国からの気分を味わえて

もらえたら嬉しいです♪

 

スポンサーリンク

住宅街でキタキツネ!!

散歩ついでに、ただの住宅街

歩いていたんです。

 

すると雪山の影からササッと

登場したのが・・・

そうキタキツネさんです^^

しかも目があってしまった。。

意外としっぽも大きいし、

怖いところあるんですよね^^;

 

「ルールルルルルル」って呼びは

しませんでしたが、堂々としてました。

 

キツネってすごい臆病だから、

普段は50m先くらいでも、

ダーーーーッシュで逃げるんです。

 

なのに、こやつは強心臓か!笑

 

このあとさっそうと東京ガールズ

コレクション(??)みたいな

モデルウォークで目の前を通過

していきました。

体に比べて足小さっ

 

こうして写真見返してみると、

あのしっぽを両手でワサッと

掴んでみたくなるふさふさ具合です^^

 

といったキタキツネさんとの

マッチアップでしたが、

 

毎日散歩していると、

2,3日に1回は出会えるので

レアキャラではないんです。。

 

しかもこの後家と家の間で、獲物を

噛み砕いてて・・・そのヤンキー感

に若干ビビッていたのは秘密です。

 

スポンサーリンク

港へGOでキング・ワシに見下ろされる

キツネさんと別れて近くの漁港に行くと、

今の時期は海は氷で覆われてまして。

とりあえず全力で”のびーーーーー”

 

ってしてると、電柱の上にいました。

キング・ワシ!

たたずまいがかっこいいんですよね。

やっぱり食物連鎖の上にいる動物は

どっしりしてます。

 

これ撮るのに真下まで行ったんですが、

近づいて行くたびにチラッとこちら見て、

ガン飛ばされます。

 

いやもう、突かれたら穴あきそうだから、

結構怖いんですよ笑

 

”ごめんくださいーい”と腰低くね。

失礼のないように^^;

 

そしてワシで思い出したんですが、

ワシといえばeagle

 

自分の好きな歌手にthe eagles

っているんです!

無理やり感すごいですね笑

 

でもそのthe eaglesの歌で

”desperado”って歌あって。

 

すっごく大好きなのであなたにも

聞いてもらいたいです!

 

youtubeにあったんですが、

本人達のか怪しいのでリンク

しませんでした。

 

でもdesperadoで調べると、

動画の上のほうに出てくる

”わしの写真のサムネ”のやつが

しっとりきます。

 

仕事終わりの暗くなった帰り道とか、

しっぽり一人でお酒呑みながら聞くと

なんだか涙でてきそうな曲です。

 

この曲かけながら、愛猫ちゃんの

写真見返すだけで超感動できる

最高のBGMにもなってくれます!

 

もう大胆に要約しちゃうなら

「愛の大切さ」を訴えかけてくる

歌詞にもなっています。好きですわー^^

 

話すっごくそれましたけど、

港のワシみてたら思い出さずに

いられませんでした。

 

次行ってみよーーー!

 

海ぃーと川とーの間にはーー♪ 白鳥が

世代違うけど、中島みゆきで

お送りしてます♪

 

海からちょっと歩いて、

川の方に歩けるんですね。

 

そこらへんに行くと、鳥達が

一杯いるんです!

普段はかもめとか、

THE 海キャラばかりですが、

 

この時期は白鳥さん達が

いてくれるんです^^

かわいー♪

アフラーーック笑

 

魚採る時ってずーーっと

顔を水面下に沈ませて、

近くに来るの待ってるん

ですよねー。

 

胴体だけ見える鳥達が

大量に見える景色は

若干奇妙です^^;

 

たまーに ●。。。。。●

みたいに親子仲良く並んで

泳ぐ白鳥さんも見れます!

 

鳥インフルエンザは気をつけ

るんだぞーー!!(職業病)

 

 

というわけで、にらめっこ旅

楽しんでもらえたでしょうか?

プチ北の国からでした^^

 

空気美味しいので、一度道東にも

来て見てくださいねー!

 

移動距離多くて大変ですけど、

目を閉じて自然を感じると、

頭が「すーーーーーーーーー」

となるのがおすすめです笑

 

それではーー^^

スポンサーリンク


 




 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る