猫ちゃんとキャリーケースで電車に乗る時の悩みを解決しよう!

どうしても猫ちゃんをキャリーケースに入れて

電車に乗らなくちゃ行けない時ありますよね!

 

猫ちゃんに負担が少なく、かつ

あなたも周囲に迷惑がかからない様に

移動するポイントをお伝えしますね!

 

スポンサーリンク

狭いキャリーケースを使おう!

猫ちゃんが不安を感じないように、

狭いキャリーケースやキャリーバッグ

するといいですよ!

 

猫は狭い所が大好きです。

お家でも小さい箱や、

狭い場所に入っていませんか?

それは狭い所の方が落ち着くからです。

 

 

できれば、猫ちゃんが外が見えたり、

見えなかったりとをすぐに変えられる

キャリーケースだとさらに良いですよ!

 

その理由は電車に乗る時のアイディア

でお伝えしますね!

 

電車の前に訓練しましょう!

急な用事で、今すぐ電車に乗らなくては

いけない時ならできないですが、

まだ電車に乗るまでに余裕があれば、

まず外に出る訓練をしてみて下さい!

 

家の周りをキャリーケースに入れて

歩いてみてください!

まずは5分くらいからで良いと思います!

 

キャリーケースに猫ちゃんの

においがついたタオルや毛布を

入れてあげると、より安心できますよ!

 

選ぶ道は、あまりうるさくなくて、

猫ちゃんが「怖い!」

と思わないような、静かな通りを

選んであげてくださいね!

 

そして大切なことは、

家に帰ってきた後に

ご褒美のフードをあげることです。

 

「外に出るといいことあるな!」

と覚えてもらうためにあげます^^

 

スポンサーリンク

実際に乗る電車の会社を見てみましょう!

飼い主さんの分だけではなくて、

猫ちゃんの運賃を払う必要が出てきます。

 

JR東日本の場合ですと、

長さが70cm以内で、

たて、よこ、高さの合計が90cm以内の

キャリーケースなら280円

電車内に持ち込めるようですね!

きっぷあれこれ

 

一度乗る予定の電車会社を

調べておくといいですね。

 

猫ちゃんが「鳴く!」「酔う!」「暴れる!」

■まずは不安で鳴いてしまう場合

猫ちゃんが安心できるように、

周囲の景色が見えないようにしましょう。

 

それでも乗っていて鳴いちゃう時は、

あなたの顔を見せてあげてください!

安心して鳴かなくなると思います。

 

電車内では、

猫ちゃんを外に出せないので、

外が見える、見えないを、

切り替えられるキャリーケースだと

便利ですね!

 

出口から外が見える

キャリーケースが多いので、

布をかぶせてあげたりして

調節するといいと思います!

 

■次に酔ってしまう場合

猫は犬ほど乗り物に弱くないです。

でも酔って吐いてしまう子もいます!

 

飼い主さんができることは、

電車に乗る半日前くらいまでに、

食事を済ませてあげるといいですよ!

 

もし吐いちゃった時でも量が少なくて、

誤嚥してしまう可能性も小さくできます!

 

でも普段のご飯の時間間隔も

ご家庭で違いますよね。

 

ポイントは

「満腹とかなりの空腹を避ける」

ように調節してあげて下さいね。

 

もし何本も走っている電車なら、

酔ってしまったら、治まるまで

一度電車から降りてあげるといいですよ!

 

それと動物病院で酔い止めを貰っておくと

いいと思います!

酔う前に予防することの方が多いです。

 

■暴れちゃう場合

パニックを起こして、

暴れてしまう猫ちゃんもいます。

 

この時は酔い止めの薬を使っても、

効果はなくて、落ち着かせる薬が

必要な時もあります。

 

この時に使う薬は、

猫ちゃんの体に合わせて使う薬です。

なので、動物病院で診てもらってから

薬を貰うといいと思います!

 

何だかんだでキャリーケースに慣れが大切

電車に乗る時は、

猫ちゃんの気持ちを安心させるのと、

酔い止めの薬で対応できると思います。

 

でも猫ちゃんが元々キャリーケースが嫌い

という場合は、

外出にとても苦戦されると思います。

 

普段からキャリーケースでくつろげる

状態を作ってあげることが大切です。

 

キャリーケースが嫌いな

猫ちゃんについての事は

違う記事でお伝えしたいと思います。

 

とっさの病気で、病院に行くときも

必ず外出は付きまとうことなので、

 

猫ちゃんが外出できるように

準備しておくことが、

猫ちゃんの命を守ることにつながりますよ^^

まとめ

  • 安心できる環境を作ってあげましょう
  • 動物病院にも薬がありますよ
  • 外出するのは良いことと覚えてもらう

猫ちゃんと幸せな生活を

楽しんでくださいね!

スポンサーリンク


 




 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る