猫の外飼いと室内飼い~病気や脱走・ストレスから考える幸せとは?

猫ちゃんを見ていて、

室内飼いと外飼いそっちが幸せ?

と考えてしまいませんか?

 

自分も広々とした農場で元気に

走り回る猫ちゃんを見て

やっぱり広い外飼いの方が

ストレスなく生きられるのかな?

なんて感じたこともありました。

 

なので今回、

寄生虫のような病気のことだったり、

外に出たがるような脱走をしたがるほど

ストレスなのかな?という事も考えながら、

 

自分が調べて感じた、

室内と外(放し飼い)で暮らすなら

猫にとって、人にとって幸せなのは

どっちなんだろう?

 

という個人的な考え方ですが、

お伝えできればと思います。

スポンサーリンク

 

一番大切だと感じる部分

こういうテーマはいろんな人の

考え方があって、テストみたいに

どれが正解なんていうものはない

と思っています。

 

でも猫も人も同じ地域で暮らすのなら、

猫だけ良くてもだめ、人だけ良くてもだめ

だと感じます。

 

もっというと、猫の中でも違うし、

人の中でも違うのかなと。

 

なのでカオスな世界ですけど、

猫・人にお互いに一番メリットが

大きく、デメリットも少しでも

カバーできるのが自分の理想です。

 

100%完璧な環境は世の中にないですし

自分と猫が幸せならそれでよくて、

他の人に迷惑かかってても構わない

と考えるのも個人的には大嫌いです。

(何が迷惑になるかも人それぞれ・・・)

 

だって一人だけの町じゃないんだから。

無人島に住むならいいけれど。

 

そこを考えていない人って多いなと

感じてしまってます。

 

外飼いは病気や死んでしまうことも。

やっぱり猫ちゃんも生きてこと。

さらに健康なことは幸せだと思います。

 

普通に生きていくのに、病気になりたい

人も猫もいないと思うので。

 

自分は大学で寄生虫ゼミだったんですが、

外で暮らす動物はほとんど寄生虫います。

検査して出ないってことなかったです。

 

猫ちゃんでも数日だけ外にいたとか、

育児中のあまり活動しない子猫だと

虫いないこともたまにありますが、

珍しいです。

 

猫風邪もウイルスが原因ですが、

外猫ちゃんはほとんど経験します。

 

猫同士の喧嘩も発情期になると、

増えてくるので血がダラダラでてる

猫もみたことありますし、

 

その喧嘩で猫エイズや白血病のような

最悪死んでしまう病気をもらってしまう

可能性もあります。

 

室内飼いだとこういう病気を防げる

というのはやっぱり大きいです!

 

車を運転していて急な猫の飛び出しで

ひやっとしたこともありますが、部屋なら

病気以外にも車との事故でけがや

死んでしまうことはほぼないです。

 

一気に人生が終わってしまう。という

悲しい運命はできる限り避けられる

というところで判断するとすれば、

室内飼いの一択なのかなと思います。

 

スポンサーリンク

育ってきた環境がストレスに大きく関わる?

次は、部屋でストレスたまらないか?

ということについてお伝えします。

 

猫ちゃんにも室内がうれしい猫。

外にいかないとストレスたまる猫。

2つのタイプがいると思うんですが、

 

このタイプを決めている1つに

育ってきた環境が関係あるそうです。

 

海外の有名な動物行動学の博士は、

「室内飼いの母から生まれ、室内で

育ってきた猫にとって、外の世界は恐怖」

 

「野良の母から生まれ、外で狩りの仕方を

教わったことのある猫にとって、部屋に

閉じ込められるのはストレス以外の

何ものでもない。」

と書いていました。

 

つまり幼いときの育ち方によって、

猫にとって幸せな暮らし方は変わる

ってことだと思います。

 

あなたの猫ちゃんが室内育ちなら、

室内で暮らすのが猫ちゃんにとっては

幸せなんだと思います。

 

外を見て興味津々にしているので、

部屋の中だけだとかわいそう?と

罪悪感感じてしまうかもしれませんが、

 

なわばりの安全確認の意味もありますし、

飛んでいる鳥は捕まえたいけど

それ=外に出たい

というわけではないんだと思います。

 

あなたの愛猫ちゃんは、

外・室内どちらで育ってきましたか?

 

保護猫ちゃんは外・室内?

じゃあ保護猫ちゃんを引き取ったなら、

外が幸せなのかというと、

そうじゃないと思います。

 

その子が生粋の外育ちなら違いますが、

生まれは家だけど残念ながら

捨てられしまった子もいます。

 

そういう子は部屋で暮らすのも

幸せに感じるのではないかと思います。

 

ほとんどの猫ちゃんが生まれがわからない

かなと思いますが、暮らしている様子みて

脱走しようとしたり、落ち着きがない

感じがなければ、室内飼いでも大丈夫

猫ちゃんなんだと思います。

 

「生まれてから7~8週間で人と接した

ことがない猫は人といてリラックスする

ことは基本的にない」

と色々な博士の本にも載っているので、

 

外暮らしでも室内でも幸せに感じる

猫ちゃんは、人に接したことがあるか

どうかも関係あると思います。

 

人と猫の幸せが違う時

飼い主として、危険が少ない家の中で

でも猫はいつも外に出たがる

こんな時はとても困りますよね。

 

庭で遊べるような家ならいいですが、

一人暮らしならまぁそんな家じゃない

ですよね。

 

まずは飼い主さんにできることがあれば、

それをしてみるのが良いかと思います。

例えば発情期の外に出たい。

 

これは育ち関係なく、外で異性の猫を

探しにいきたい気持ちフルパワーです。

個人的にこの本能の力を無理やり

抑え込むのは、すっごくストレスを

与えてしまうと思っています。

 

もしまだでしたら、

去勢や避妊手術から取り組んでみる

ことをおすすめします。

 

スポンサーリンク

室内飼いでも幸せにストレスなくすなら

”環境エンリッチメント”

ってご存知ですか?

 

簡単にいうと、猫らしく暮らせる

部屋にしてますか?って話です。

  • 室内でも幸せに暮らして欲しい。
  • なんでそこまで外に出たがるの?

このどちらかの思いがある時は、

猫らしく暮らせる部屋かを

見直してみてあげて下さいな。

 

簡単に書くと、

1.猫だけの休憩できるスペース

→ゆったりしたり、ピンチの時に1~3m

自分だけ居れる空間があるかどうか。

 

2.トイレの環境は整えてあげる

→置く場所や砂の種類は好みか。

過去にかいた記事もよければ)

 

3.爪とぎや噛んだりできる遊びが

できる部屋にする

→床、壁2つの爪とぎと十分な遊び

 

4.ごはんのあげ方をアクティブに

→獲物を狩ってる姿に近い、ごはんが

でるおもちゃをあげたり。

 

と本当に簡単に書いたんですが、

こんなところを見直してあげると、

室内でも幸せにくらせるにゃ♪

と思ってくれると感じてます。

 

都会と田舎も違うのか

外飼いと室内飼いを考えた時に、

都会か田舎かどうかもポイントですよね。

 

都会は人が多い分だけ近所トラブルも

ついてきてしまいます。

 

田舎なら大丈夫かというと、自分がいる

町もド田舎ですけど、”えさあげないで”

という張り紙も見かけたりしますし、

ちょっとトラブル起きたと聞きました。

 

やっぱり自分のことだけ考えては

いけないと思いますし、

 

悲しいですが愛猫を傷つけられて

しまうということもあるので、

 

周りに迷惑と思われてなくて、

(言われないと気づきにくい)

飼い主さんも外でもいい。

猫ちゃんも外が好き。

なら外飼いで良いかなと思います。

 

近所の人の迷惑になってしまうなら

家の庭で小屋や遊べるくらいにしたり、

(1mの高さなら余裕で超えていきます)

ハーネス様なリード付けて散歩したりして

できないなら室内飼いに。

という結論になりました。

 

ただそれでも、猫ちゃんのストレス

を最大限減らせるような猫らしい生活

が送れる部屋にする工夫は絶対に

必要なのかなと思います。

 

まとめ。

外飼いと室内飼い

どちらが猫に幸せかというと、

 

  • 育ってきたのが外か室内か
  • 生後7,8までに人に接してきたか

この2つの要素が大きいかなと思いました。

その猫ちゃんが外に出たがるかどうかも

参考にできる基準なのかなと。

 

命の安全からいうとダントツで室内。

 

それでも飼い主さんが外でもいい

かつまわりに迷惑がかからないように

できて、猫ちゃんも外を好むなら

外飼いで良いかなと。

 

個人的には、猫らしく生活できる

工夫をしっかりした部屋での

室内飼いが一番幸せに暮らせるんじゃ

ないかと考えています。

 

その部屋づくりに役に立てればと

思ってます!!

 

 


 




 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る