猫ちゃんのトイレ場所を変えるなら?アパートやマンションを例に考えてみた

一人暮らしで猫ちゃんを飼っていると

トイレの場所に悩みますよね。

粗相をするなら場所を変えた方が

いいと思いますが、しかし!

 

一軒家ほど広くはないし、

だいたい2つの部屋がある1LDK

or1DKの感じが多い一人暮らし。

 

そしてどの本にも書いてある、

騒がしい物音がしない場所がいい。

人目に触れない場所がいい。

 

などなどのトイレ条件を考えると、

”そんなスペース無いんじゃね?”

なんて結論にもなりがちで…

臭い問題もあるし…。

 

そこで留守の多い+アパートや

マンションで一人暮らしのあなたを

イメージして、猫ちゃんトイレの場所を

お伝えしていきたいと思います。

 

自身の一人ぐらし時代や、猫ちゃん

飼ってた友人の家も思い出しながら^^

 

目次

  1. トイレの場所を変えてもいいのは
  2. 留守中にケージにいる子
  3. 落ち着く場所を求めるなら
  4. 人目を気にする猫ちゃん
  5. 冬にも対応できるのは

 

スポンサーリンク

 

トイレの場所を変えるのは

今トイレを失敗している猫ちゃん

の場合です。

 

トイレの場所が良くなくて、あなたの

猫ちゃんが粗相をしてしまっている

なら今すぐ変えたも大丈夫です。

その方が猫ちゃんも嬉しいですよ。

 

でも猫ちゃんが今不自由なく使っている

のに、あなたの都合で変えたい場合なら、

慎重に変えていきましょう。

 

満足しているトイレの場所をいきなり

変えるのも、猫ちゃんには

ストレスに感じてしまうからです。

 

なのでこの時は今置いてある場所+

新たに起きたい場所に置いていく。

そして慣れたら新たな場所にの様に

してくとストレス感じにくいと思います。

 

留守中にケージにいる子

やっぱりケージ内に置くのが良いです。

そしてトイレは一番下に設置です。

広く見渡せる高いところで寝る猫ちゃん

が多いので、上は寝るスペースにすると

安心できる環境になると思います。

 

トイレのまわりに透明なアクリル板の

様な仕切りを入れてあげると、留守中の

砂の飛び散りが防げますよ!

 

疲れて帰ってきて掃除をすることなく、

そして一人暮らしの女性の部屋にあっても

違和感ない見た目だと思います!

 

小さい子猫の頃だとケージからスルスル

と抜け出す子もいて、外からケージ内に

戻れない場合があると困りますよね。

 

なので、ケージの他にもう一箇所

トイレを置いておくと、いざという時

にも安心です!

トイレの数は猫+1が理想なので、

数的にもこっちがおすすめです。

 

人のトイレの横に置く案もありますが、

キャットドアの様な出入り自由な部屋

ではなければ、ドアの開け閉めで

留守にする時に気を使う部分が多い

ので、仕事がある生活には向いてない

と思います。

 

 

落ち着く場所として…

テレビや洗濯機の真横は避けて下さい。

あなたの猫ちゃんがトイレの場所を

気にしない性格なら大丈夫です。

 

もし少し臆病な、神経質な猫ちゃんなら

トイレは音のでる物の傍でない方が、

安心してしてくれると思います。

 

そしてもしアパート・マンションの

1階のお家なら、窓の配置にも注意

した方がいいです。

 

壁の半分の高さから上にあるタイプ

ではなくて、床の高さまで窓枠がある

お部屋なら外の猫ちゃんも見えます。

 

自分以外の猫の存在はとても脅威で、

トイレ行くのが怖いからストレス、

安心してできないから我慢する、

 

となってしまう猫ちゃんがいるので、

トイレから直接外が見える位置は

止めてあげた方が優しいです。

 

人目を気にする猫ちゃん

考えてあげたいもう1つの事は

人目を気にしない場所です。

 

いくら安全な家の中といっても、

トイレ中の姿を見られるのが

苦手な猫ちゃんもいます。

 

続きは後日に書きたいと思います。


 




 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る