ずっと寝てる寝過ぎで大丈夫?子猫・成猫・お年猫の睡眠時間の不思議

猫ちゃんってとにかく寝ますよね。

気づくとずっと寝てる。。

 

こんなに寝過ぎで大丈夫か?

って思われるかもしれないです。

 

そんな猫ちゃんの睡眠時間の不思議を

お伝えしたいと思います。

 

もちろん、子猫と成猫とお年を取った

老猫(シニア猫)では違うので、

それぞれのことも共通のことも、

書こうと思います。

 

睡眠時間長い(増えた)のが、病気かな?

って時に判断できる簡単な目安も書くので

あなたの猫ちゃんの参考にもなれば、

嬉しいです^^

スポンサーリンク

 

睡眠時間長いのは、狩りへの温存にゃ

猫ちゃんがこんなに寝るのは、

狩りのための体力温存です。

 

しかも猫は待ち伏せ型の狩りです。

一生懸命に毛づくろいをするのは、

獲物にバレない様ににおいを消す為で、

待ち伏せならではの仕草です。

 

獲物が近づくと、バレないステルス戦闘機

モードでこっそり動き、タイミング決めて

全力で猛ダッシュして仕留めます!

(家猫だと遊び・夜の運動会=狩りです)

 

人間には真似できないですが、これ

爆発的にエネルギー使うんです。

全速力で100m走るのって

結構しんどいですよね?・・・。

 

でも生きていくためには狩りしないと

いけないので、いつ来るかわからない

獲物に備えての長---い睡眠時間

なんです。

 

あんなに寝れる羨ましさもありますよね笑

 

子猫の平均睡眠時間は9割?グッスリが仕事!

子猫は大きく育つ為によく寝ます!

具体的には、1日の9割寝ます^^;

バラつきありますが、20時間以上は

確実に寝てきます笑

 

でもこの時の「子猫」は生まれてから

4週間(約1ヶ月)くらいまでです。

 

1ヶ月過ぎると、ほぼ大人の猫と

同じくらいな睡眠時間になります。

(といっても14時間は最低眠る。。)

 

ペットショップだと4週間では

お迎えできないので、9割寝

見れるのは、里親や保護猫

の醍醐味かもしれないですね^^

 

それと子猫の特徴というともう1つ。

浅い眠りが無いことです。

 

物音するとすぐ目を覚ます様な浅い

眠りは、脳のある部分が支配してる

からできるんですが、

 

その部分は、生まれてから5週間くらい

で発達しきってくるので、子猫は

深い眠りになっちゃうんです。。。

 

なのでぐーーーーーーっすりです。

 

成猫は平均14時間睡眠だけど、20時間の子も

寝るのが短い猫も、長い猫もいますが、

平均は14時間寝るみたいです。

 

でもすごーく寝る子は、子猫並みの

20時間は寝たりするようです。

 

なので、子猫じゃないのにいつも

長時間寝てる猫ちゃんでも不思議

はないですよ^^

 

飼い猫ちゃんだと、暮らしている内に

夜の睡眠パターンはあなたとほぼ一緒

になってきます。

 

たぶん朝はあなたより早く起きて、

起こしにくるのではないかと・・・

 

昼間は仕事されてる方ですと、

猫ちゃんはその昼間に寝て

 

あなたが家に居る、朝と夜に

元気に活動するパターン

なることが多いそうです。

 

週末が休みの生活リズムですと、

猫ちゃんもあなたが傍にいるのが

わかるので、

 

短いお昼寝を、バランスよく取って

好きなときに遊びで欲しがったり、

構って欲しがったりになります。

 

寝方まで熟知してる猫ちゃんなのです。

スポンサーリンク

 

猫の睡眠はほとんど浅いねむり?

続きは後日かきます。


 




 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る