動物病院のセカンドオピニオンって重要?

こんにちは、たくみです。

 

いつも診てもらう獣医さんは普段

納得しているけど、これに関しては

他の方法ないのかな?

 

と思う事ありませんか?

 

自分の獣医歴も浅いので、

そこまで経験はありませんが、

現場を体験した時の記憶や

考えていたこともあります。

 

なので今日は動物病院の

セカンドオピニオンについて

少しでもあなたの役に立つかな?

と思ったことを書きたいと思います。

 

スポンサーリンク

大学病院の獣医でも・・・

学生時代に在籍する大学病院で、

実際の診察研修がありました。

 

科目は腫瘍科で、

どんな病気を疑い、診断して、

どういった方針で治していくかを

大学に受診しにきた飼い主さんに

協力していただいて考える授業です。

 

高齢の猫ちゃんでしたが、

舌に腫瘍みたいなものがあって

近所の動物病院からの紹介状をもって

大学病院まできていた症例でした。

 

実際に舌の腫瘍のかけらをとってきて、

その形や特徴を顕微鏡で見て

危ないものかそうでないものか、

を調べていました。

 

そして、結果が大部分の舌を手術して

取りのぞかないと危ないものでした。

 

担当の獣医はそれだけ舌を取りのぞけば

自分で口から食べれなくなるから、

胃にチューブを通した方がいい。

という提案をしていました。

(個人的に飼い主さんに寄り添う話し方

じゃなかったのが気に入りませんでした)

 

舌を取り除くことも自分の愛猫にとって

大きなことだと思いますし、ましてや

胃にチューブってどんな生活になるのか

不安になるところだと思います。

 

でも担当獣医はそれ以外に提案を

しませんでした。

 

翌日の意見交流で

次の日は、昨日の検査画像だったり、

今後の治療方法を自分たちで調べて

意見を交わし合う授業でした。

 

その授業の時にいたのは、

昨日とは違う獣医でしたが、

こんな方法もあるよ!と言いました。

 

舌を仮に取ったとしても、

スプーンで口の奥まで運んであげて、

食べている猫と飼い主さんもいる。

 

その飼い主さんは、愛猫が病気に

なったことは残念だけれども、

ごはんを通して密に接することが

できて喜んでくれているそうでした。

 

自分がもしその猫の飼い主だったら、

後者を選ぶかなと思いました。

 

どちらにも良いことと大変なことの

どちらもがあって、そういうことも

含めて飼い主さんに伝えるのが

獣医師の責任かなと思うんです。

 

でも最初の獣医はあの時点では、

1つの提案しかしていなかった。

知らなかったのかもしれないです。

もしかしたら、次の機会にそれを

提案したのかもしれないです。

 

それはわからないけど、

率直な感想としては

「たった一人の意見は怖いなと」

そう感じました。

 

スポンサーリンク

実際にセカンドオピニオンはする?

今回の例は少し専門の中の専門の部分

というのも多少ありますが、

色んな人の意見を聞いてみるのは

とても意味のあることだと思います。

 

もちろん、誰がみても勧められるのは

これしかないだろ・・・。

というのもある気もします。

 

でもある程度知ってなかったら

なかなか判断できませんよね。

 

なのでまず、何か疑問に思うことが

あったらその獣医に聞いてみて下さい。

「何か他の方法とかありませんか?」

「これって猫に負担かかりますか?」

などなどです。

 

逆にそういう純粋な質問に

わかりやすく答えられないのは、

知識不足な獣医か、

相手のこと考えないで喋る獣医

だと思います。

 

あなたがどんな説明を受けたいのか、

それは人によって違うので、

最後は相性になるかと思います。

 

でも病気が重ければ重い程、

そういった気持ちが通じる相性の

良い先生を探すのが一番だと感じます。

 

実際に自分の病気は重めですが、

治していくのにあたって考え方や

気持ちが通じ合えない医者の時は、

治る希望すら感じられなかったからです。

 

やっぱり自分の経験からしても、

こちらから医者に質問すると

ボロがでます。

 

そしてすごいと感じる先生は、

さらにすごさを感じます。

人想いなのも伝わってきます。

 

獣医でもそれはいっしょです。

というかすべての仕事に

共通していると思います。

 

こういう体験をしたからこそ、

まだまだ未熟な自分の将来も

そこが目標です!!

 

でも中には病院を変えると

高圧的な態度になる人も

いるんですよね。

 

プライドが許さない系の人です。

 

別にそんなの飼い主さんと猫からしたら、

どうでもいいですよね。

誰の為にやってるんだよ。って感じです。

本当にいなくなったらいいのに。

(一言多い)

 

そんな人は華麗にスルーして、

普段の診察でも何か気になったら

質問してみる^^

 

これであなたの知識も身に付きますし、

あなたにとっても波長の合う

いい先生を見つけられる

シンプルな大切なことだと思います!

 

そして迷ったら別の先生の意見も

聞いてみる!です

 

素敵な動物病院が見つかること

祈ってます。では^^

 

スポンサーリンク

 


 




 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る