やってきた流氷の上で手を殺されかけたの巻。

こんにちは、たくみです!

 

2月4日、ついに流氷が海岸に

来たとの噂を耳にしたので、

見に行ってきました!

 

地元ルートをせっせとドライブして、

冬の雪だらけの中でも唯一海岸に

出れるところにつきました。

 

数分歩くと・・・・

じゃじゃーん!

おりました、流氷さんや^^

 

ただの大地に雪に見えますが、

普段海です^^;

 

実はこのシャッターを切る30秒前、

3匹のきつねが氷の上にいたんです!

 

でもきつねって警戒心強いみたいなので、

私の姿を見るなり、ポケモンで言う

伝説のレアポケモンのように、

「ささささっ」っと猛ダッシュで

逃げていきました><

(仲良くしようぜぇ♪)

 

なんというか、置いてけぼり感を

食らいましたが、気を取り直して

海へ足を進めました!

 

↑完全に海の上まで行きました笑

綺麗な夕焼けもあって、良い気分です^^

 

足元も、こんな感じで(わかりにくい><)

氷が厚いのでびくともしないです!

 

そういえば昔母親は、流氷の上を

走り回ったとか聞いたこともあったなと笑

 

そして今回メインの手が殺されかけた件。

写真を撮る為に、モッフモフの手袋を

脱いで撮っていたんです。

 

そのたった数十秒でも、流氷の持ってくる

すさまじい冷気に手の内部から完全に

破壊されそうでした^^;

 

ー20度くらいでも寒くても、外から

攻撃してくる寒さ?痛さ?なんですが、

流氷は身体の中にダメージを与えて

きてくる感じです、泣

 

今日は氷点下だけど、そんなに

寒くない気温なはずなのに。

 

もう凍傷になると思って、手袋を

はめ直しましたが、それでもジンジンと

痛みが引くのに時間がかかりました・・・

 

いや、ほんとに、、流氷さん。

完全に舐めてました、すみません。

さすがっす。あなたにはかないません。

 

と考えると、流氷あるロシアの北のほう

とか、アラスカに住んでいる人達って

よく暮らしてるなと思いますよね^^;

 

これ読んでくださっている方。

冬の道東に流氷見に来る時には、

手袋履きながらでも使える、

スマホ対応のものをおすすめです!

(手袋は標準語、つけるだったっけ?)

 

まぁでも一見する価値はあるかな~

と思う壮大さではありました!!

 

ではでは、じっくりとストーブの前で、

手を温めて来たいと思います^^

 

スポンサーリンク

 


 




 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る