猫が水飲みすぎ?よく飲む時は1日の量計って病気かチェックです!

いつもよりあなたの猫ちゃんが

水飲みすぎてるかも?

と気づいたとき

 

なにかの病気じゃないのかな?

大丈夫かな?

と心配になりますよね。

 

そんな時は、一度落ち着いて

家でできる、猫ちゃんの

1日に飲む水の量を測って、

飲みすぎているかを

見分けてあげて下さい。

 

健康な猫ちゃんが1日に飲む水の量は

目安があるので、それと見比べて

チェックしてあげてみて欲しいです。

 

お役に立てれば嬉しいです^^

 

スポンサーリンク

 

1日に飲む量が、体重×50ml

獣医の世界には、猫ちゃんの飲む量を

ある数字で判断しています。

 

猫ちゃんの場合は

一日に、体重×50mlです。

5kgの猫ちゃんであれば、

一日に250kgです。

これが理想的な猫ちゃんの飲む量です。

 

この量から多少増えることはあります。

でもこの2倍

体重×100mlを超えていたら、

明らかに飲みすぎていて異常だと判断できます。

 

あなたの猫ちゃんが飲みすぎていないか

測ってみましょう!

 

この飲んでいる量を伝えるのは、

もし病院に行くとしても、とても

参考になる重要なデータになります!

 

1日飲んでいる量を測ってみましょう!

例えば朝、いつも猫ちゃんが

使っている水飲み皿に計量カップ

で測った水を入れてみてください。

 

今までの飼っている猫ちゃんが

飲み干してしまわない量を

あげてくださいね!

 

その時に水を用意した時間を

メモしておいてくださいね!

 

そして夜仕事から帰ってきて、

水を交換してあげるときに

計量カップに移して、

どれくらい飲んだのかを測りましょう。

 

そしてまた、朝と同じように

計量カップで測った水を

猫ちゃんにあげましょう。

 

次の日も、今日と同じ朝の時間に測れば

それが1日であなたの猫ちゃんが

飲んでいる水の量になります。

 

昼間の半日で測った量を

2倍にするだけはやめましょう!

夜に飲む方が昼間と違うと

正確ではなくなってしまうのです。

 

スポンサーリンク

蒸発する水とウェットフードにご注意を!

仕事で家を離れている間に、

水を出しっぱなしにしていると、

猫ちゃんが飲んでいなくても

蒸発して水がなくなっていきます。

 

人間のように、1日2,3L

飲むなら、多少の誤差は

気にしないです。

 

でも猫ちゃんは、

たった50mlの違いでも

飲みすぎとする程、

人よりも細やかな世界です。

 

蒸発していった水の分も

正確に測ってあげてください。

 

〔参考サイト:nekopedia

詳しくはこちらの獣医師さんのサイトに

紹介されています。

 

水飲み皿に網をかけてあげる方法です。

ラップのように密閉してしまうと、

蒸発した水が逃げていきません。

 

網のように空気が抜けていく状態を、

作っておきましょうね!

 

それと、ウェットフードには

元々水分が含まれています。

 

なのでフードの水分量も

飲んだ水の量に加えて、

判断してみてくださいね!

 

上で紹介したサイトにも

計算方法が書かれています。

 

  • 1g=何mlなのか
  • 1gの何%が水なのか(水分比率)

という2つをフードの袋で見てみましょう!

ちょっとわかりにくい計算になってしまいます。

 

そんなときは、

ウェットフードはおおよそ

70%が水分です。

 

あげたフードの70%のgを

水分として計算してもいいと思います!

 

200g食べている猫ちゃんなら

200×0.7=140g

の水分を取っていることになりますね!

 

これに飲んだ水の量を足して

一日の飲んだ水の量にしてください。

 

体重×100ml 異常のときは

すぐに病院へ行ってあげてくださいね。

 

もしも体重×50mlだったとしても、

飲みすぎは腎臓に負担がかかってしまい、

病気になってしまうこともあります。

 

仕事もあって大変とは思いますが、

一度時間を作って、

獣医さんに見てもらうといいと思います。

 

おしっこの色や量は大丈夫ですか?

今まで飲んだ水の量ばかり

お伝えしてきましたが、

同じく見ておきたい事も

あります。

 

  1. おしっこの濃さ
  2. おしっこの色(赤いなど)
  3. おしっこの量
  4. 元気や食欲

この4つが水飲みすぎが病気の時に、

揃って出てくるかもしれない

猫ちゃんの変化です。

 

水飲みすぎなことがあったら

この4つも見てみて、いつもと何か

違っていたら早めに病院に連れて

行ってあげて下さいね。

 

猫ちゃんのトイレや普段の様子を

いつもより丁寧に観察してあげて

下さいね!

 

猫ちゃんはしゃべられません!

どんなに猫ちゃんがあなたを愛していても、

猫ちゃんは自分の不調を、

言葉で伝えることはできません。

 

それでも何かのサインはあります。

水を飲みすぎじゃないかな?

というのもサインの1つです。

 

普段のスキンシップから

猫ちゃんの体を感じてあげて、

少しの変化も気づいてあげて下さいね。

まとめ

  • 体重×50mlが理想の水を飲む量
  • 体重×100ml超えは危険信号
  • 飲みすぎの他に何かあればすぐ病院へ

でした。

 

猫ちゃんが健康にいれること、

あなたと幸せに暮らしていけること

祈ってます

 

スポンサーリンク

 


 




 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る