猫ちゃん脱臼に家でできる治す工夫。かかる治療費と手術は必要?

あなたの猫ちゃんが脱臼をしてしまって、

とても心配されてると思います。

早く治してあげたいですよね。

 

脱臼は病院で治療する怪我です。

なので手術が必要なのかな?とか

治療費どれくらいかかるのかな?

と気になりますよね。

 

そして病院の治療後は、家で

安静にして治す期間になります。

 

なので、家に帰ってきた後に

してあげられることはないかな?

と考えることがあると思います。

 

自身の経験を振り返って、

股関節の脱臼をメインにして

そういう部分をお伝えできれば

と考えています。

 

脱臼治療費は最低でも1万は超える

脱臼は手術が必要になってきます。

手術といっても足を切るといった

ものではなくて、

 

脱臼した骨と骨をはめて上げるもの

になります。1時間以内に終わる

整復になりますが、治療費を

お伝えしますね。

 

自分は犬猫ちゃんを相手にする

動物病院には働いたこと無いので、

相場はわかりませんが、

 

友人が働いている病院では、

3万円程度と教えてくれました。

 

金額的に考えると、たぶん必要な

検査の分も込みだと思います。

 

ネット上でも、ペット保険を扱う

会社などで、大体の治療費を載せて

くれているサイトもあります。

(参考サイト:ペットの治療費の目安

 

こちらのサイトを参考にしてみると、

股関節脱臼の整復は1万3000円です。

 

でも脱臼整復は全身麻酔が必要になります。

自身が経験した整復過程でわかりましたが、

麻酔してても若干痛がる程、猫ちゃんは

痛みを感じているからです。

 

そして全身麻酔をするには、麻酔薬を

処理してくれる肝臓が元気かどうかを

チェックする血液検査が必要です。

 

あれこれとついて来てしまいますが、

猫ちゃんの安全のためには最低限

しておく検査になります。

 

ここで、脱臼整復に全身麻酔に

血液検査の費用を合わせてみると、

2万円台後半は行く計算になります。

 

これに包帯巻いたり、レントゲン

撮ったりすると、やっぱり3万円

くらいは行くのかなと思います。

 

極端にに安いところだと、何かしら

コストを省いている可能性あるので、

 

お財布事情を考えると安い病院に

行きたくなりますけど、万が一を

考えるとあまりおすすめできないです。

 

骨を切るような手術の時は10万いかない。

上で書いたような、股関節脱臼を治す

整復をしても、また脱臼を繰り返して

しまう猫ちゃんも出てきます。

 

こうなってくると、股関節を作っている

ふともも側の骨の先を切って治すような

手術が必要になることが出てくると

思います。

 

そんな状態になると、やっぱり治療費も

増えてきてしまいます。

 

整復の時は3万円だった友人の病院でも

倍くらいにはなるみたいです。

でも10万は行かないと言ってました。

 

ペット保険の参考サイトさんでも

3万8000円と書いていますが、

整復の時と同じで麻酔とか検査が

必要になってきますし、

 

皮膚を開く手術となると、やっぱり

整復の時以外にも、必要な検査や

処置が増えてくると思うので、

 

10万いかないにしても、5万円は

超えてくると思われます。

 

かなり家計を圧迫してしまう

金額ですよね・・・・・。

 

私自身はお腹を切る手術を受けてきた

ことあるんですが、人間だと10万円は

軽く超えてくるので、特別猫ちゃん

だからという金額ではないのですよね…

 

でもここまで高くなると、ペット保険の

メリットも出てくるのかなと感じてます。

 

ちなみになんですが、都市圏の整形で

有名な先生がいる病院とかになると、

この手術は30~40万円かかる

みたいです。

 

どんな世界でもゴッドハンドはやっぱり

相応の対価が必要なのかと感じて

しまいました。

 

確実に治してくれるなら、安いのかも

しれませんけれど・・・。

 

一番気を使ってあげたい床の環境

さて、手術を受けたあなたの猫ちゃんが

1回でスパッと治ってもらうためには、

足元の環境が大切だと私は思ってます。

 

できるだけ足にかかる負担を減らして

あげたいからです。

 

続きは後日書きたいと思います。





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る