新しく迎えた猫ちゃんの寝る場所がなぜトイレ?その理由と解決策!

子猫や譲り受けた猫ちゃんを新たに

迎えた時に、”トイレで寝る”

ことがよくあるようです。

 

寝る場所がトイレっていうのも

特別な意味があるのかな?とか

におい付いちゃうから、できれば

ベッドで寝て欲しいなぁ・・・。

という気持ちになったりしますよね。

 

私自身も全然知りませんでしたが、

あなたの不安な気持ちを何とかしたい

とも思ったので、理由と解決策を

伝えたいと思います。

 

今回自分で調べていて、猫ちゃんの

気持ちになって考えるとよく理解

できるようになりました。

 

なのでぜひ、トイレで寝る猫ちゃんの

気持ちを通してあなたの猫ちゃんとの

信頼を深めて行けるお手伝いに

なれれば嬉しいです。

 

安心できるのがトイレしかない!

あなたの猫ちゃんは、猫ちゃん自身の

においがあると安心します。

猫は自分の縄張りの中ににおいが

あるのが、落ち着ける環境なんです。

 

そしておしっこをすることで、

自分のにおいをトイレにつけます。

 

新しくあなたの家にきた猫ちゃんは、

自分のしたおしっこの砂やあなたが

貰ってきた前に猫ちゃんが使っていた

砂にしかにおいがありません。

 

なのでそのにおいがあって落ち着く

トイレに引き篭もったり、

寝てしまいます。

 

なのであなたの猫ちゃんがトイレで

寝るのは、猫には普通のことで、

ちょっぴり慎重なだけなので

安心してくださいね!

 

さらにトイレは狭めで暗いから・・・

元々猫ちゃんは、木の中の狭くて

暗いスペースを寝床にしています。

トイレは囲まれてて、しかもフード

が付いていたら完全に暗くて狭い。

 

なのでこの、”狭い+暗い”

”安心するにおい”が加わって

=寝る場所

という方程式になってしまいます^^;

 

慎重な性格も関係していて、

新しく来た家でも最初から

リビング走り回って元気だわ

お腹見せてくれるわ、

の大胆な猫ちゃんもいます。

 

これは猫ちゃんそれぞれの個性です。

あなたがこれから一緒に暮らして行こう!

と決めた猫ちゃんだと思うので、

慎重なあなたの猫ちゃんに合わせて

解決策も考えて行きましょう!

 

安心できる寝床を準備!

今までお伝えしたことなのですが、

寝る場所に必要なのは、

”狭い+暗い”です。

 

なのでそれに当てはまる寝床を

用意してあげましょう!

 

例えば、

こんな感じのベッドです。

ケージの中にも置けて、猫ちゃんの

体を隠して寝れそうなベッドです。

 

これが絶対おすすめということではなく、

”狭い+暗い”以外の知って貰いたい

猫ちゃん安心要素があるので

画像付きでお伝えしました。

 

そして、あなたの猫ちゃんに

安心してもらえる要素は、

暖かくてふかふかしてる

ということです。

 

暖かくてふかふかしていると、まだ小さい

時に母親からお乳をもらっていた時の

安心できる感覚になれるんです。

 

そして足を交互に踏みながら、

お母さんのお腹からお乳を

出すような動きの、フミフミ

する猫ちゃんもいます。

〔引用動画:猫のふみふみ♪

ふみふみの姿が幸せそうで、見ている

こちらまで幸せになれますよね♪

 

あなたがもう用意している

ベッドが既にありましたら、

中に温かくてふわふわした毛布

を入れてあげると寝てくれるように

なるかもしれません!

 

用意してあげた毛布をトイレに

持ち込む子もいるので、洗える毛布

の方がいいと思います!

 

色々と書きましたが、ベッドに必要な

要素は”暗くて狭いふんわり温か”です!

 

ベッド用意したら後は見守る

上でお伝えした安心するベッドと、

ケージに布をかけて暗くしてあげる

のがあなたにやってみて欲しい事です。

 

トイレ以外にも暗くて安心できるよ!

と思って貰うための布かけです。

 

安心できる環境を準備してあげたら、

後は猫ちゃんを見守りましょう。

安心できると思ったら、自分で

トイレから出てくるようになります。

 

家に来て最初の1週間はあまり

構いすぎないほうが慎重な猫ちゃん

にはストレスにならずに良いと

言われています。

 

ねこじゃらしをやってみて、反応が

ないならまだ安心していないので、

その日は構わずそっとして

あげましょう!

 

そのうちケージから脱走したり、

出たいアピールしていたり、

ねこじゃらしに食いついてくる

日がやってくるので、

 

それから全力で遊んだり、

触れ合ったりしてあげて、

猫ちゃんに安心してもらえたら、

トイレで寝るのを卒業できる日は

近いと思います!

 

本当のネコのきもち

それってネコちゃんによって違う!

と思うんです。

 

人だって初対面からグイグイいける人と、

時間をかけてゆっくり話をして関係を

深めていく人がいます。

 

あなたの猫ちゃんもきっと、慎重な

タイプの猫ちゃんだと思うのです。

 

なので、猫ちゃんが嬉しい環境を

整えてあげたら、後は時間をかけて

ゆっくりと信頼関係を作っていけば

猫ちゃんも安心してくれるはずです!

 

そうしていけば、仕事から帰ってきても

”トイレからおかえり”から

”玄関でニャーとお出迎え”

 

になったり、

一緒に布団で寝れるような関係に

なれると思ってます!

 

そんな幸せな生活へ向けて、

少しでもお手伝いできれば

嬉しいです!!

 

まとめ

トイレで寝る理由は

  • 安心できるのがトイレだけ
  • 自分のにおいがあるから

でした。

そして解決策は

  • トイレの以外に安心できる寝床
  • 暗い+狭い+温かい+ふわふわ
  • あとは神のごとく見守ってあげる

ということでした!

それでは猫ちゃんと

幸せ生活を^^





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る