猫×一人暮らし×女性=理想相手と結婚できる!の理由をアラサー男が考える

「一人暮らしで猫飼ったら、

女性は結婚できないよ」

よく聞きます言葉ですし、

そう言われると不安ですよね。

 

自分も大学、社会人時代は周囲に

猫ちゃんを飼っている独身の女性

がいましたし、世間話していると

絶対してた話題でもあります^^;

 

結婚って人生の中では大きな出来事

ですし、気になるものですよね・・・

 

でも私は結婚できると思います!!

しかも理想の相手が見つかりやすいと!!

だって猫ちゃん飼ってるんだから!

 

本当は一人暮らしで猫を飼い始めた

女性が、結婚した率のデータとかが

あればいいですが、私が探す限り

ありませんでした><

 

なので、これから伝えていくことは、

あまりに自分の意見だけだと偏るので、

参考になりそうな統計データを使いつつ、

アラサー男のそう思う理由を

お伝えしたいと思います。

 

迷信なんて打ち砕けー^^

これを読んでいる猫ちゃんを愛する

あなたには、理想の彼氏さんと

幸せになってもらいたいです!!

 

猫飼っていると結婚チャンスが減らない?

単純に考えて、結婚後も猫ちゃんと

暮らしていくので、結婚相手は

  • 猫アレルギー×
  • 動物嫌いの人×
  • 転勤多いと猫可の住宅事情が・・・

と軽く思い浮かべただけでも、

ポンポンと出てきてしまいます。

 

でも、私はそういう人は最初から

結婚対象にしなきゃいいと思うんです。

 

つまり出会いの段階から、

「猫飼ってます!!」

と伝えておくということになります。

 

そうしておくと、

後々猫ちゃんや住宅に関して、

揉めることがなくなると思うんです。

 

動物嫌いな人とはやっぱり、

あなたと価値観が違ってくるので、

何か問題に直面した時に

意見がぶつかってしまいます。

 

代表的なところでは、ごはんや

トイレの世話があるから

帰らなくちゃという時には、

「猫と彼、どちらを優先するの?」

 

とか、

結婚の話が持ち上がってきた時に、

彼から「猫とは暮らしたくない。」

 

となったらそれこそ大変です。

猫嫌いという人とでは、絶対に

起こってくる話かなと思います。

 

猫好きな人を相手に選べば、あなたが

「猫のことを考えて、こうしていきたい」

と彼に伝えたとしても、

 

彼もそう思う可能性が抜群に

高くなるので、”彼と猫どちらかを

取らなくちゃいけない。”

からはサヨナラできると思います。

 

数年間の付き合ってきた時間が

無駄になる方がダメージ受けるなと。

 

なので、最初から猫好きな人に

制限すれば、自分と価値観の合う

理想の結婚相手の可能性がグッと上がる

ということになります。

 

でもそもそも動物好きな人に絞ると、

結婚対象の男性が少なくなっちゃわない?

と思うあなたに次のテーマです!

 

ペット好きな人は多いよ!

私も動物好きな人って制限すると、

少なそうだなぁ、でも質がいいしなぁ~

 

なんて思ってましたが、

調べてみると全然わかってなかったです^^;

 

ではまずこちらを見て欲しいです。

〔引用画像:動物愛護に関する世論調査

日本の政府の内閣府が平成22年にした調査から、

ペット飼うの好き嫌いな人がどれくらいか?

と見てみると、

 

男性に限ってみると、

大好きは21%

好きなほうは52%もいます。

 

年齢別に注目してみると、

20代男性

大好き37%で世代別の最多!

 

好きなほうと足すと、

89%と逆に嫌いなほうが

レアなんですね。

 

30代男性で見てみても、

大好き27%

好きな方と合わせても

78%います。

 

さらにさらに追い風になる調査が

同時にされてまして、

 

〔引用画像:動物愛護に関する世論調査

この内閣府の調査は、

今回だけじゃないんです。

”今回調査”は22年度です。

 

これは全世代共通の移り変わりですが、

最近になるにつれて、

好きは↑、嫌いは↓

になってきています。

 

なので今の時代も動物飼うことに

前向きな人は増えています!

 

この調査は猫と限定してるわけでは

ないので、この通りじゃないです。

でも犬と猫は2代ペット王なのは、

間違いないので、それなりに信頼

できるデータなのかなと思います!

 

とここで、結婚相手を猫大好きな人

した時に、結婚生活で必要になるであろう

どんな良い部分があるのか?

をお伝えしていきます!

 

猫大好き=結婚向きだと思うのです!

続きは後日に書きたいと思います。





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る