猫夜寝るときのかわいい鳴き声”ゴロゴロ”5つの意味と対策を分析にゃ!

猫ちゃんが寝るときに「ゴロゴロ」

とのどを鳴らすことありますよね?

 

このかわいい鳴き声、自分自身も

謎に思っていたので、調べてみました。

 

例えば、寝床で撫でていると、

ゴロゴロ鳴らすのはうれしいから。

という意味がネットで探すと通説

みたいになってます。

 

でも猫ちゃんのゴロゴロは1つではなく、

色々な意味があるようでした。

 

イギリスの動物学者の

ジョン・ブラッドショーさんも、

本の中で「一般的に要求を伝えている。」

とおっしゃってます。

 

ちょっと硬い表現ですが、崩すと

”何かして欲しいにゃー”です!

 

今回は、猫ちゃんが寝るとき

に絞って、自分なりに解釈した

ゴロゴロを通して、猫ちゃんが

何をしてほしいのかをあなたに

お伝えしたいと思います。

 

猫ちゃんの”して欲しい事(対策)”

をしてあげて、今以上に仲良くなれる

手助けになれば嬉しいです!

 

代表的なのは「もっとなでてー」

猫ちゃんが寝るときに、傍にいたり

あなたのベッドに入ってきた時に、

あなたが撫でてあげたとします。

そして猫ちゃんのゴロゴロ、ゴロゴロ

 

こういう時にどんなしてもらいたいことが?

と考えると「もうちょっと撫でててにゃ」

って考えるのが一番近いのかな

と思います。

 

さらに撫でてあげている最中に、

目がうっとりとしてきたり、

気持ち良さそうな表情になれば、

それはもう「気持ちいいにゃー」

の合図なので間違いなさそうです^^

 

こういう時のゴロゴロは、子猫ちゃんが

母乳を吸いながら「いい感じだよー、

まだまだミルクほしいにゃー」

という時に使うのが元になってます。

 

あなたの猫ちゃんがまだ子猫だったり、

大人になっていても”子猫気分”

になってるんです。

 

あなたの猫ちゃんが満足するまで、

撫でてあげると信頼度UPだと思います!

仕事で疲れているときは、寝落ち

してしまうかもですよね^^;

 

夜寝るときに不安感じてる。

猫ちゃんのゴロゴロは、不安に

感じてる時の鳴き声でもあります。

 

猫ちゃん自身もゴロゴロを聞くことで

安心するために鳴らしてます。

 

例えば病院にいったときのゴロゴロは、

”痛いことされる”とか”知らない犬や

猫ばかりいる”のような不安からくる

ことが多いです。

 

これが寝るときだと、なんで不安?

ってことになると思うのですが、

”一人で夜を過ごすのが不安”という

猫ちゃんに当てはまるかと思います。

 

別々の部屋で寝ていると夜鳴きする子

とか、ある程度の時間あなたの姿が

見えないと探しにくるような子

だと可能性大きいです。

 

なので、撫でてあげなくても寝床や

あなたが近づいてあげてのゴロゴロは、

「一緒に居れて安心するにゃ、

もっと居て欲しいにゃ」っていう

思いも入っているかなと思います。

 

一人が寂しくて夜鳴きする子は、

顔が見えるようにドア開けたままとか、

互いの顔が見える位置にベッドを置く

と鳴かなくなることがあるので、

 

こういうタイプのゴロゴロ鳴らす子にも、

同じようなことをしてあげると、

猫ちゃんも喜ぶのかなと思います。

 

「遊んでー」「腹減ったー」

「にゃー」と伝えることが多いですが、

”遊んでほしい”とか、”ごはんちょうだい”

というサインとしてゴロゴロ

鳴らす猫ちゃんもいるようです。

 

兄弟猫ちゃんの間でも、「遊ぼうよー」

って意味でゴロゴロ鳴らすやりとりが

あります。

 

上で書いてきたこととの見分け方ですが、

猫ちゃん側からあなたの方に来て

ゴロゴロ鳴くことが多い意味かな

と思います。それと表情が眠そう

ではないと思います!

 

 

”遊んでー”であれば、寝る時間帯に

夜の運動会みたいなハッスルを

あなたの猫ちゃんはしてませんか?

 

それか、仕事をしているとついなって

しまいがちな、遊んであげる時間が

十分かな?ってところが判断基準

になるのかなって思います。

 

寝る前にしっかりと遊んであげると、

夜の運動会がなくなることもあるので、

このときのゴロゴロには遊んであげて

欲しいです。

 

次に”ごはんちょうだい”ですが、

基本的にいつも通りのごはんの

リズムならあまりないのかなと。

 

寝るときよりも、ごはんの時間帯

の方が可能性ありそうですよね。

 

ちょっと肥満なので、ダイエットに

挑戦中の猫ちゃんとかなら、

今のごはんじゃ足りなくて、、、で

当てはまるのかなと思います。

 

お腹膨らむ食物繊維をごはんに

増やしたり、色々とアイディア

あるので、そちらは別の機会に

お伝えしたいと思います。

 

体調わるいにゃ

何か病気や怪我をしていると、

ゴロゴロする猫ちゃんがいます。

 

実はゴロゴロには、傷が治るのが

早くなるという研究もされていて

いるんです。

 

骨折した時にゴロゴロと同じ周波数の

振動させると、骨の再生が早まるとか、

怪我したときの痛みを80%以上

減らしてくれる報告もあったりで。

 

直接猫ちゃんで証明できたわけでは

ないので、んー・・・・ですけど、

面白い発見だとは思います!

(youtubeにゴロゴロセラピー

っていうのもあった気がします^^)

 

そんなわけで、猫ちゃんも体調が

悪くてのゴロゴロという可能性も

あるんです。

 

といっても、寝るときのゴロゴロなので

いつもの日常と変わらないゴロゴロなら、

上で書いてきた意味なんじゃないかと

思います。

 

でも猫ちゃんは痛みがあっても隠す

生き物なので、いつもと違う感じの

ゴロゴロのように感じたら、

 

撫でてあげたりした時に

猫ちゃんの皮膚の感覚とか、

とかをチェックしたり、

 

水を飲む量が急に増えたとか、

トイレの様子やうんちがいつもと

おかしいとか、そういうところで

しっかり観察してあげれば、

体の異変にいち早く気づけます!

 

たかがゴロゴロ、されどゴロゴロ

調べていて思ったんですけど、

ゴロゴロに意味がありすぎです><

 

でもどれもこれも、猫ちゃんの

意思表明というか、こうしてほしい!

ってことだったので、

 

その気持ちに答えてあげることが

できれば、あなたと猫ちゃんの仲も

どんどん深まっていけるんじゃないかな?

って思いました。

 

そして、家猫ちゃんはあなたと

暮らす中で、色々なタイプのゴロゴロ

覚えていくこともあるみたいです!

あなただけの特権ですね^^

 

私は早く猫ちゃん飼えるようになって

ゴロゴロ聞きたいですー^^;

 

寝るときゴロゴロまとめー

ゴロゴロは色々ありますが、

寝るときはどんな意味なの??

ってことですが、

  • もっと撫でていて欲しい(うれしい)
  • 一緒に居て欲しい
  • あそんでー
  • ごはん欲しいー
  • 体調わるいんや・・・

 

このあたりにおさまるかな

と思います!

 

ゴロゴロも猫ちゃんとの仲を

深めるチャンスでした!

 

ではあなたの猫ちゃんと

幸せ生活を^^

 





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る