本当の正義は誰?加計学園問題で獣医として伝えたい事。

 

7月に入っても、加計学園の獣医学部

について毎日報道されてますよね。

 

自分は前の仕事が口蹄疫とかの伝染病を

食い止める仕事についていたので、

どストライクな話題なんです。

 

なんやら安倍首相が友人をえこひいき

したとかいう報道ばかりされてますが、

獣医の自分からみると、

 

めちゃくちゃ本質から外れてます。

 

せっかく日本の獣医界の問題を良くして

いこうとしているのに、がっかりです。

 

実は猫と暮らしているあなたのも、

関係のないことではないんです!

 

そのあたりの本質について、

どうしても伝えたくなったので、

このテーマを書きたいと思いました。

 

人材が足りてない分野がある。

正直、鳥インフルエンザや口蹄疫のような

牛や鶏の間で一気に広がるウイルスを

対策しているのは、

都道府県で働く公務員の獣医です。

 

でも道庁・県庁の公務員って、

求人だらけなんです。

それほど獣医が足りてないんです。

 

もちろん自分が勤めていた、

牛乳生産量が日本でNo1の地域でも

足りていませんでした。

 

隣の隣の地域で去年、鳥インフルエンザで

たくさんの鶏が殺処分されましたが、

人手が足らなくてうまく進みませんでした。

 

これは、卵とか牛乳とか食べるものとして

関係してくるものですが、

直接関係してくることもあるんです。

 

厚生労働省は24日、草むらなど野外に生息するマダニが媒介する感染症に感染した猫にかまれた女性が死亡していたことを明らかにした。

[引用:マダニ感染症、野良猫にかまれ保護しようとした50代女性が死亡 世界初、厚労省が注意喚起]

西日本にいるマダニに血を吸われた時に

感染する可能性のあるウイルスです。

 

世界で初めてマダニからもらった猫が

噛むことで人にうつって死んでしまった。

というニュースでした。

 

しかもこの病気はワクチンや特効薬は

ないんです。

 

そしてこういう動物から人にうつる病気を

研究するのも獣医なんです。

でもこの分野も進む人は少ないです。

 

そもそもマダニがかかわるので、

家で暮らす猫ちゃんだと可能性は

低いけど0ではないわけです。

 

しかもわかってない病気なんて、

山ほどあるので、

 

この2つの分野に進む獣医を増やす

為に獣医学部をつくるこころみは、

大賛成なわけです。

 

加計学園の本質は”政府vs文部科学省・獣医師会

この50年間いろんなウイルスで、日本

の食がピンチになったことありますが、

獣医学部は新しく作られてません。

作るには文部科学省の許可が必要です。

 

愛媛県が本腰をいれて作りたいと考えて

10年くらい?許可を求めてきましたが、

門前払いだったそうです。

 

現場は足りてないけど、認めないんです。

 

理由は簡単で、

獣医師会と文科省が損するからです。

 

獣医が増えれば、今と同じように

稼げない獣医も出てくるから

獣医師会は反対なわけです。

 

別に増えてきたら、レベルの低い

人がいなくなるだけだから、

むしろ歓迎なんですけどね。

 

そして文科省が損する理由として、

規制が異常に強いってことは、

新しく作るには関係者に頼み込む

のが必要になります。

 

大学側は貸しができてしまうので、

代わりに天下りするポストを用意する

ような不正が生まれます。

 

なので、文科省の中にもこういう

おいしいものを逃したくないと

考える人がいます。

 

今回の前川さんって、

そもそも天下りが問題で

やめた方です。

 

そういう長年のきつ過ぎる規制を

とっぱらって、変えていこう!

というのが今回の安倍さんが進める

プロジェクトなわけです。

 

なので、今まで得をしてきた側は

猛反発することになります。

 

でも安倍さんのプロジェクトって

個人でしているわけでもなくて、

しっかり民間の人や専門家の人

入れながら時間をかけて決めている

プロジェクトなんです。

 

選挙で選んだ人が獣医分野を充実

させてくれようとしてるのに、

代表でもない文科省や獣医師会が

自分のメリットの為に反対する

 

っておかしくないですか?!

 

加計学園しかいなかった。

愛媛県はいろんな大学に頼んでも

”獣医学部つくるのに協力するよ!”

という大学が居なかったそうです。

 

なので、地元の議員さんの力を借りて

加計学園が協力する形になりました。

 

そして10年ほどずーーっと

新しく作ろうと頑張ってきたわけです。

でも無理だった。

 

今回の安倍さんのプロジェクトが始まって、

応募したわけです。

同時に京都産業大学も応募したわけです。

 

でも10年越しに準備してきた愛媛側と、

ほとんど準備してないけど、申請した

京都側。

 

そりゃあ京都側は準備不足で当然です。

 

京都の大学は自分で準備不足だった

って言っています。

 

今回の問題の文科省・前川さんも

”24日に両方申請あったけど、

京都は実現できるような計画でなく、

加計しかない状態。”

のような答えをしていました。

(ほとんど報道されないけど)

 

本人もわかっているわけです

 

そりゃあ長年取り組んできたんだから、

あたりまえじゃないですか?

実現できるのは、誰が見ても

加計学園だけだったんです。

 

これがたまたま安倍さんと仲いい

理事長の大学だっただけです。

 

そもそも安倍さん一人で決めてきた

わけじゃないんだから問題ないでしょ?

この関係を知らない人達が、時間を

かけて話し合ってきた結果なんだから。

 

正義は誰よ?

なんか熱が入ってすいませんでした。

 

でもせっかく獣医界を変えようと

してくれてる人がいるのに、

証拠もない印象だけで叩いたりして

イメージダウンさせてる報道が

イヤなだけです。

 

でも結局追い込んでいる人たちって、

自分達のメリットがなくなるから

問題を頑張って作り上げてる人か、

安倍さんを落としたいと頑張ってる

テレビの人たちですよね。

 

このブログに書いた国会で話し合い

されていることって、テレビや新聞

ではほとんど報道されていません。

不利なので。

 

むしろ生の中継や、youtubeとか

見た方が正確にわかります。

虎ノ門ニュースとか、問題の本質が

よくわかるニュースです。

 

別に自分は安倍さんひいきとか

そんなんじゃありません。

 

今回の獣医学部の問題は、人の

為になることをしてくれて

いると思っていたので、

大切したいと思って書きました。

 

正直獣医を増やすだけじゃ

人気のペット獣医の方に

流れてしまうので、

 

人にうつる病気を研究したり、

日本の動物を伝染病から守るような

教育をメインにできる仕組みにして

新しい獣医学部をつくる必要は

あると感じます。

 

でも何が何でも、まずは第一歩を

踏み出さないと何も変わりません!

 

イメージで流されて、今回のことが

潰されてしまうと、いづれは自分達の

食のことや病気のこととして

かえってきてしまいます。

 

”政治なんて興味ないよー”

と思われるかもしれませんが、

ニュースの本質というか裏側を

見ていると面白いですよ^^

 

バラエティー感覚でみれる

ニュース女子もおすすめです!

政治デビューしちゃいませんか?笑

 

↓20分位に加計の全てが詰まってます。

[引用動画:ニュース女子]

 





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る