見たわよ!野良猫ちゃん車の下からエンジンルームへ。バンバン対策にゃ!

昼間のぽかぽか時に散歩してると、

5匹の野良猫ちゃん親子と出会えました。

それだけで心わくわく^^

 

仲良くなろうと距離を慎重に縮めていると

2匹の4.5ヶ月くらいの子猫ちゃんが、

止まっている車の下へ。。。

 

数秒こちらを見つめると、なんとなんと

小学生の時のアスレチックを登る感じで、

エンジンルームに入って行きました・・・

 

↑日は違うんですが、この猫ちゃんです!!

(仲良くなりたいな・・・)

 

あんなにも簡単に入っていくんだと。

忍者みたいに”スーーー”っとです。

まさに家政婦サスペンスドラマばりの

「見たわよ!」気分に。

 

あまりの身のこなしのスムーズさに、

”人事じゃない”と思いまして、

できる対策調べてみました。

 

車持ちのあなた!必見であります^^

 

猫バンバンプロジェクト対策??

日本全国で猫ちゃんが車に入り込む事故

が起こっているみたいです。

 

特に気づかずにエンジンかけてしまうと、

猫ちゃんが命失ってしまう悲惨な事に。

 

車会社の方もこの件を考えられていて、

生まれたのが、乗る前にボンネットを

バンバンしようプロジェクト!!

 

自身の経験では、たいていの猫ちゃんは

歩いて近づくだけで逃げちゃいます。

 

車の下にいるのが安心な子は、あまり

近づいても逃げないので、覗き込むと

一目散にダッシュして行きます。

 

それでも対応できないのが、

エンジンルームの奥に逃げちゃう子と、

心地よさに寝ちゃっている子

 

この子達に気づいて貰って、命救うのが

ボンネットをバンバンなんです!

 

と、日産自動車さんがこのプロジェクトの

動画があったので、紹介させて頂きます!

 

〔引用動画:#猫バンバン PROJECT MOVIE by NISSAN #KnockKnockCats

 

とても愛がある感じ伝わってきて好きです♪

中で休んでいる姿かわいい!

 

車使った後のほんのり温かい時もですが、

使っていなくても、あの狭さと暗さと

寒い風邪をしのげるエンジンルームは、

猫ちゃんにとって最高の場所になります。

 

必死で生きている猫ちゃん達の命救うため

ほんの1,2秒のバンバンしたいですね!

 

ちなみにバンバンして、何か物音するけど

走り去っていく姿見えないときは、

ボンネット開けて確認した方が良さそうです!

 

エンジンスターターは気をつける

自分の住む北海道みたいに、雪降ったり

すごく寒い地域は、車まで行かずに

家の中からリモコンでエンジンをつける

エンジンスターターよく使います。

 

猫ちゃんにとっても不意にエンジンが

作動しちゃうので、事故が起こりやすい

みたいです。

 

雪ががっつり降る地域であれば、

スターター使う前に車回りの

猫ちゃんの足跡を見ると良いと

思います。

 

車の下からに入り込んだ時には、

足跡スタンプ必ず残っているので!

(↓かわいいスタンプです!)

 

でも氷中心の地域だったり(珍しい?)

雪なしの地域は手がかり無いので、

車まで行かないとダメそうです。

 

スターターの意味なくなりそうです・・・

うぅ・・・。すいません。。

 

万が一あると、お互いに良い事無いので

特に野良猫ちゃんが多い地域は気をつける

方が良いと思います。

 

地球のどこだって、人間だけが暮らしている

わけではないので、お互いに気を使いながら

仲良く暮らして行きたいですね^^





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る