猫ちゃんがトイレに行くのが多すぎる!チェックすべき4つのこと

猫ちゃんがトイレに行くのが多すぎて、

心配してしまうと思います。

 

病院に行ったほうがいいかな

と迷ったら、まず家で出来る事を

確認してみて下さい!

 

  1. トイレで尿が本当にでていますか?
  2. いつもよりおしっこの量は増えてませんか?
  3. おしっこの色はどうですか?
  4. トイレをしている時間は長くないですか?

この4つをあなたの猫ちゃんと見比べて

病院にいく基準にしてみて下さい。

 

一つ一つ説明しますね!

 

1.トイレで本当に尿が出ていますか?

実際にあなたの目で、

猫ちゃんがおしっこをしているのかを

確認して欲しいです!

 

例えば、おしっこがまったく出ていないなら、

結石ができていて、

おしっこできない事も考えられます!

 

1日おしっこが出ないだけで、

命に関わってきてしまいます。

 

なので実際に直接、

目で確認することをしてみて下さい!

 

屋根が付いていたりすると見づらいので、

もし取り外せずに見れない時は、

 

猫砂が固まっているかとか、

ペットシーツが染まっているか

ということも参考にしてみても

いいと思います!

 

2.おしっこの量をチェック!

トイレに行くのが多すぎるな

と言っても

=出ている尿も多い

とは限りません。

 

実際に調べてみましょう!

 

でも家で正確に1回の尿の量を

計ることは難しいので、

 

猫砂の固まりの大きさを見たり、

ペットシーツの染まりの大きさを見る。

 

こんな風に確認するだけでも良いと思います。

 

ちなみに、

おしっこの量が変わらないのに、トイレが多い。

これは膀胱炎に多く見られることです。

 

おしっこも多くて、トイレも多い。

これは糖尿病や腎不全にも見れるものです。

 

あなたの猫ちゃんがトイレが多いから

病気だという事ではありません!

 

あくまでも可能性なので、

普段との量が違っていたら、

病院にいったほうがいいという目安です。

 

3.尿が赤いですか?

ペットシーツだと赤く染まるので

分かりやすいと思います。

 

猫砂ではわかりにくいので、

仕事で家にいてあげられないなら、

帰ってきた後に、

猫ちゃんがトイレする姿を

よーく見てあげてください!

 

尿が赤いというのは、

猫ちゃんが重症ということも考えられます。

 

あなたから見て、元気バリバリで

食欲モリモリであれば、

急ぐ必要はないです。

(一度は病院で見てもらってくださいね!)

 

でも

  • グッタリしている
  • 元気ない
  • 食欲ない

猫ちゃんがこんな様子なら、

早く病院に行ってあげて下さい!

 

4.猫ちゃんのトイレが長すぎる!

腎臓からおしっこを出す道に

石ができてしまうと、

猫ちゃんはトイレで一生懸命に

力んで出そうとしていることがあります。

 

その分いつものトイレよりは

長くなってしまうので、

猫ちゃんのどこかに、おかしい部分があると

判断できるポイントです!

 

※応急処置は2つ!

今まであげた4つの事に当てはまれば、

すぐ病院に行ってあげて欲しいのですが、

予定が合ってどうしても行けない!

 

明日なら行けるけど、

それまでに何か出来ることは?

という場合には、

 

  • トイレを衛生的に!
  • 水をあげておしっこを出させる!
  • 下部尿路疾患用のフードにする!

というような応急処置をしてあげて下さい!

 

おしっこが出ていないときに

マッサージをしてしまう

飼い主さんがおられます。

 

もしおしっこの道が塞がっていたら、

そのマッサージで、

膀胱が破裂しちゃうこともあるので、

絶対にやめてくださいね!!

 

普段から猫ちゃんを知ることが命を救うこと!

いつもと違うと判断するには、

やはり普段から猫ちゃんのことを

観察していなければわかりません。

 

今回の場合は、

いつものおしっこの量、

おしっこの色に、おしっこの長さです。

 

お互いにスキンシップを取ることは大切です。

そのスキンシップに、おしっこの事も

+してあげると、

今回のような時に猫ちゃんの命を守れる

ことにつながると思います!

 

まとめ

猫ちゃんのトイレが多すぎる場合には

  1. トイレで尿が本当にでていますか?
  2. いつもよりおしっこの量は増えてませんか?
  3. おしっこの色はどうですか?
  4. トイレをしている時間は長くないですか?

この4つがいつもと違うなら、

すぐに病院に行って下さいということでした!

 

何か分からないことがあれば、聞いてください!

一緒にあなたの猫ちゃんを守りましょう!





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る