猫の好きな食べ物と好物な餌でも残すし、好き嫌いや飽きる謎を解く!

猫ちゃんに喜んで貰えるものと思うと、

猫の好きな食べ物ってなんだろう?

って疑問感じたりしますよね。

 

キャットフードとして売られている

食べ物以外の好物って何あるんだろう?

と自分も気になっていました。

 

例えば病気で全く食欲がなくなった時

好きな食べ物をきっかけに食欲を

取り戻してくれることもありますし、

好物を知っておくのはとても大事だな

と感じたので書こうと思いました。

 

好物つながりでそのようなごはん(餌)

を残す理由や、食べ物を好き嫌いしたり

飽きるような猫ちゃんの謎についても

あわせてお伝えしたいと思います!

 

 

あなたの猫ちゃんの個性がある!

はじめに伝えたい事があって、それは

猫ちゃんごとに好物は違うということ!

 

つまり、あなたの猫ちゃんの好きな食べ物

はオリジナルってことになります!!

 

もちろん、多くの猫ちゃんが好むような

食べ物はあります。でもそれが、あなたの

猫ちゃんにも同じではないんです。

 

食材だけでなく、焼くや煮るのような

調理方法だったり、切り方温度

好みが分かれるところだったりもします。

 

広げすぎると収集つかなくなってしまう

ので、今回は好きな食べ物。

食べ物と言ってもいつも食べるごはん

としてではなく、ごほうびやおやつ、

トッピングとしての視点で書きます!

 

なので、1つだけいつもごはんとして

あげるのは、バランス崩れてしまうので

避けてくださいね。

ではいきます!

 

乳製品は人気?

意外だったんですけど、乳製品が

大好物っていう猫ちゃん多いんです。

18歳以上のご長寿猫の調査でも、

鰹節に続いて2番目に多かったり。

 

その乳製品の中でも人気なのは、

牛乳・チーズ・ヨーグルト・猫ミルク

生クリームなどなど。

 

牛乳は成分のラクトースを分解しにくい

猫が下痢を起こすので、一部であげては

ダメ!と言われていますが、猫によって

その体質は違うので猫それぞれなんです。

(ラクトースを無くしたのが猫ミルク)

 

飲んでお腹壊しても、嫌なイメージが

残るので2回目から飲まないと思います。

ちなみに牛舎の猫ちゃんは、搾りたての

牛乳を飲むので怒られていることも笑

 

チーズというと「塩分がしょっぱすぎる」

と言われますが、猫がたべても安全な塩分

の最大の量はわかっていないんです。

 

なぜかというと、猫ちゃん自身がしょっぱ

すぎて食べなくなるからだそうです。

 

人間がちょうどいいと感じるのが1%位で

猫も1%の塩分が入っていると、食べる

けど嫌がる感じを見せるそうです。

 

なので、人間の味が体に悪いというより、

猫ちゃんが好みそうな味にするなら、

塩が少なめのものの方が喜びそうです。

 

チーズならカッテージチーズとかだと

比較的塩分が少なめだそうです^^

 

という乳製品ですが、大人になると

必須になる食べ物でもないので、

食欲誘うとき向けに活躍できそうです。

 

やっぱり肉♪

肉食なので、やっぱりお肉は大好きです。

ささみは大体の猫ちゃんが食いつきます!

 

手に入れやすさでいうと、

  • 鶏肉
  • 牛肉
  • 豚肉(生は寄生虫関係で避ける)
  • 羊肉
  • 馬肉

ここのあたりになってくると思います。

 

そして意外なことに「この動物の

お肉じゃないと食べないにゃ!」

というこだわりある猫ちゃんがいます!

 

まぁ人も牛がいいとか、豚が好きとか

色々あるので同じですかね^^;

 

なので、鶏肉を出しても食べない子が

牛肉なら食べる!ってこともざらです。

(高級志向だと少しつらい笑)

 

そして、生・半生・ミディアム・

ウェルダン焼き加減の好みも

人と同じそれぞれです。

 

基本的に人が食べるスタイルと一緒

にするのが安全ですが、生が好きで

食べても大丈夫な猫ちゃんなら

大丈夫かなとも思います。

 

豚肉は、食肉検査でも大事にしている

トキソプラズマという寄生虫が猫を

得意としているので、しっかり火を

通すことはおすすめします!

 

たまごは栄養満点!

人にも栄養満点な卵ですが、

猫ちゃんにとっても抜群です!

なので、気に入ってくれる子も

いるそうです^^

 

栄養を少しいうと、猫ちゃんの

一番大切なたんぱく質

これがたくさん入っています。

 

あとは、猫ちゃんが自分の体でつくる

ことができないビタミンA。

このビタミンも頂くことができる卵。

 

生卵はあげちゃダメ!って書いてある

本もありますが、1日1個以上を毎日

あげたら危ないという話です。

 

ゆでたまごにすると安全ですし、

たまーにあげる卵だったら、

猫ちゃんの好みを見ながら

あげていいのかなと思います。

 

刺身に焼き魚にホタテ?

自分も大好きで、うれしいおかず

として君臨するお魚系。

 

猫は本当は魚は好きじゃない!

なんて話も聞くけど、

そんなの全然嘘っぱちです。

 

もちろん食べてはいけない魚介類は

あるけども、お刺身や焼き魚・ホタテ

をみると盗み食いをするほど欲しがる

猫ちゃんは普通にいます!!

 

  • 刺身で言うと、まぐろやサーモン・カツオ
  • 加熱or干したホタテの貝柱も人気

(まわりのヒモやウロという黒い部分は

毒があることがあるので避けてね)

 

  • アジ・サバ・アユ・ウナギ・サンマ焼き魚

夕食に食べる分を少しをほぐしてあげると

大喜びしてくれる猫ちゃんもいます^^

 

そのほかの海のもの~

やっぱり定番はかつお節です!

それとニボシ焼きのりも好物♪

 

ドラッグストアやホームセンターでも

無添加のかつお節だ売っている位なので、

手に入りやすいかと思います。

 

マグネシウムのようなミネラルが多すぎる

という方が多いですが、正直言って

十分に水を飲んでいれば大丈夫です。

 

結石が・・・なんて言いますが、

しっかり肉や魚が主な成分の普段のご飯

を取っていれば、尿も酸性に傾くので

あまり心配することでもないです。

 

療法食を食べていたりする時は

病院に相談してからが無難です。

 

お水飲んでもらうや手作りにつなげる!

今回のようなおやつ・トッピングのような

好きな食べ物を見つけることからスタート

するのは、お水飲んでもらうスープ

手作りごはんにつなげるのが便利かなと!

 

あなたの猫ちゃんが好きだとわかった

お肉や魚介類をゆでたものをスープにして

ドライフードやウェットフードにかけて、

食事と一緒に飲む水の量を増やしていく

作戦もできます^^

 

手作りごはんも大人になってからだと

苦戦しがちですが、好きなものから

チャレンジしていけば壁は低くなる

かもしれないです。

 

好物を見つけることは、かなり大切なこと

だと個人的に思っています!

 

猫がごはん(餌)を残すや飽きる理由って?

猫ちゃんが好きな食べ物でも、

完食しないこともあります。

 

それは同じものを食べ続けると、

毒になるかもと考えるからだそうです。

あくまで説というものなんですけど。

 

この世の食べているもので、絶対に

毒にならないものは1つもありません。

 

少しだけでも体に悪いのか、たくさん

食べてもあまり影響がでないか

という違いがあるだけなんです。

 

そして自然界には、ある量を食べると

毒になってしまうような、植物などが

そこら中にいます。

 

なので1度に大量に食べるより、

ごはんを少し残したりするのは、

生き抜く技術なのかもしれないです。

 

ちょっとづつ何度も食べるのが、

猫ちゃんにとって自然なんですね。

 

ちなみに、猫ちゃんが同じくらい好きな

食べ物が2つあると、目新しい方を

選ぶんだそうです!

 

これも1つものばかり続けて食べる

よりは、違うものも・・・。

というためかなと思ってます。

 

なので同じくらい好きなごはんを、

ローテーションする方が猫ちゃんに

とっては食べてくれると思います。

 

さらにトリビアですが、ストレスを

感じていたり体調が悪い時にだと、

いつも食べている馴染みのある方を

選ぶんだそうです!

やっぱり安心感が大切なんですね。

 

人からみるとグルメに見える性格も

猫ちゃんには理由があるんですね^^

 

ごはんが炭水化物ばかりも飽きる。

他にもごはんの中身にも関係して、

”飽きる”ように見えることがあります。

ご飯(餌)の炭水化物の量です!

 

猫の栄養を研究しているウォルサム研究所

「炭水化物を食べ過ぎると、猫が自ら

食べるのにブレーキをかけてしまう。」

という報告がありました。

[参考文献:Geometric analysis of macronutrient selection in the adult domestic cat, Felis catus]

[この内容を解説しているサイト]

 

もっというと猫は1日の食事で、

  • 炭水化物を20g
  • カロリーだと70キロカロリー

どんなに食べてもこのくらいが

限度で、これ以上は猫ちゃん自身が

炭水化物を食べないことを選びます。

 

甘味を感じないので、食べても

美味しいと感じないのもありますが、

炭水化物の分解する仕組みが弱いので、

そもそも食べ過ぎても栄養をゲット

しにくいという理由もあります。

 

やっぱり肉食なので、たんぱく質や

脂肪がメインになるんです!

 

ちなみに1日の炭水化物からとる

エネルギーの理想は、12%

重さだと1日8gだそうです。

 

猫ちゃんにとって、ごはん中の炭水化物

は多くても1~2割くらいってことです。

 

なので、いまあげているフードが

穀物が多く入っているフードだと、

猫ちゃんが”そのごはんに飽きた”

ように見えるかもしれないです。

 

炭水化物をいれるほど、

キャットフードを安く作れるので、

安く売られているごはんがその傾向が

強いと思います。

 

好き嫌いは6か月で決まっちゃう?

猫ちゃんが食べ物として考えるのは、

生まれてから半年で口にしたものだけ

と考えられています。

 

キャットフードはいろいろな食材が

入っているので、ずっと1つだけじゃ

ないならあまり心配いらないのかなと。

 

でも例えば食材の調理の仕方だったり、

ペーストドロドロしたものだったり、

舌触りも関係しているかもしれないので

そのあたりも含めて好き嫌いが決まって

いるんだと思います。

 

そして大人になってから食べて貰うのは、

本当に根気がいることになります・・・。

 

なので、ごはんを切り替えた時

”全然食べてくれない”事件

発生してしまいます。

 

今までのごはんに1割新しいとか、

それよりも少なくちょっとだけとか

慎重に慎重に、慣れていってもらう

と良いと思いますよ!

 

あとがき。

色々と書いてきましたが、

”猫という動物はこう!”

という前提さえ知っておけば、

 

あとはもう、あなたの猫ちゃんに合わせて

好きな食べ物であったり、好き嫌いに

しても考えていくものかなと感じました!

 

みーんな同じようにではなくて、

ある共通していることはあるけれど、

あなたの猫ちゃんオリジナルなところを

探してあげるのが、

 

あなたの猫ちゃんにとっての1番!

 

だと思います。

 

このブログがそのヒントになれば、

最高です♪

 

 





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る