猫ちゃんに多い冬の風邪から守ってあげる!寒さ対策も伝えるにゃ

こんにちは

部屋にいても寒い季節になりましたね。

猫ちゃんも冬になると、風邪を引く子が

増えてくるので冬への対策が必要です。

 

猫ちゃんも人間と同じように、

乾燥や体の寒さで

風邪になりやすくなってしまいます。

 

私も一人暮らしをしましたが、

部屋にいる間は厚着をして、

暖房を節約することもしたり^^;

 

でも猫ちゃんが居れば話は別です!

猫ちゃんの冬の風邪と寒さ対策できる

”猫ちゃんファースト” な環境を

お伝えしたいと思います。

 

室温をあたたかーく保つ

猫ちゃんが快適に感じる室温は

25~29℃です。

人と同じ感覚でみて良いと思います。

祖先は砂漠出身の猫ちゃんなので、

寒いのは苦手な子が多いです。

 

でも猫ちゃんによっては快適に感じる

温度は違います。よく動く猫と、

あまり動かない猫も違うはず。

 

なので

  • 体ブルブル(熱を生んでる)
  • 毛を逆立ててふくらませる(熱キープ)
  • 体をずっと丸めてる(熱を逃がさない)

ような動きをしていたら、寒いんだな。

と判断して、好みの温度を探してあげると

いいですね。

 

いま部屋にある暖房器具で大丈夫です。

エアコンやヒーターの温度設定で、

一定にしてあげてくださいね。

”セーブモード”をフル活用しましょう!

 

一定というのもポイントで、

昼と夜に大きな温度差がないように

してあげると風邪引くストレスに

なりにくくなります。

 

私たち人間も、一日の中で温度差が

あると風邪引きやすいですよね?

昼に合わせた服装だと朝夜寒いとか。

 

猫ちゃんも1日の中で体を守る

モフモフの毛は変わらないです。

それなのに、くっそ寒いのと

くっそ温かいを繰り返す部屋にいれば、

身体が寒さに対応できませんよね?

なので一定がおすすめです^^

 

電気代とかケチらない方がいいです。

もし風邪引いちゃったら病院代に

何千円かが一瞬で掛かってしまうので。

お金もそうですが、やっぱり

健康が第一と思うのです。

 

でも温かくし過ぎはダメ

「寒いとダメ。温かいとダメ。

そんなの大変じゃないっすか?」

って言われそうですが、

ごめんなさい。

でもこれには理由が・・・汗

 

猫ちゃんって冬になってくると

今までの毛がワッサーと抜けてきて

今まで以上に毛がボリュームアップ

してきますよね?

 

その状態が冬支度が完了している

体の状態です!

その冬支度ありきで、風邪への対策を

したいんです。

 

でも上に書いた25~29℃を超えて、

明らかに真夏の30、40℃代

キープしてしまうと、猫ちゃんが

「あれ?冬支度いらない??」

って思っちゃうんです。

 

中途半端に冬支度した毛をもった

猫ちゃんは、病院や移動で外にでたりで

見事に風邪を引いてしまうと思います。

長袖一枚で真冬に挑む感じですから、

無謀ですよね、、ブルブル。。

 

風邪の他に

寒い(毛増やす)→暑い(毛減らす)

→寒い(毛増やす)→暑い(毛減らす)

を繰り返して、その毛を舐め舐めして、

お腹に毛玉が溜まってしまう病気になる

可能性もあるんです。

 

なので快適温度をキープ

でお願いします><

 

特に一人暮らしだとコタツがメイン

になったりしますよね?

ぜひ、一度コタツの中を温度計で

測ってみてくださいな^^

 

あと電気あんかや電気カーペットは、

寝返りうちにくい子猫とシニア猫を

中心にして低音やけどがあります。

 

なので、手で触ってみて温度チェック

をしながら、タオルや毛布をもう一枚

包んであげたりして調節して下さいね。

 

乾燥は風邪ウイルスに負けちゃう

猫ちゃんの風邪メインはウイルスです。

でも部屋が乾燥してると

ウイルスが喜びます。

 

ウイルスが増えるのに、

乾燥は最適なんです><

なので湿度50%を目安

保ってあげるといいですし、

あなたも風邪引きにくくなると思います。

 

湿度計付いてる加湿器なら完璧ですが、

なくても大丈夫ですよ。

洗濯物を干したりして、

湿度をキープです。

 

私も肌弱くて湿度低いと痒いので、

あなたの肌にも湿度は大切です^^

 

帰宅したら心を鬼にして、まず消毒っ

「ただいまー^^ 寂しかったしょ!

よーし、よーし、ナデナデ ナデナデ」

そして猫ちゃんは嬉しそうな顔をして、

自分の体を舐めてにおいを整え始める。

 

これが仕事から帰って来た時の楽しみ!

と思いますが、風邪の危険ポイントです。

 

猫風邪のウイルスは外からの持込む

ものですし、会社に猫を飼っている

人と接する機会があれば、十分に

猫風邪ウイルスを持ち帰る可能性が

出てきます。

 

そして、ウイルス付いた手でナデナデ

した所を猫ちゃんが舐めてしまう・・・

 

これで猫ちゃんの口にウイルスが

入ってしまいます><

一人暮らしをしていると、仕事を含め

外出は必須になるので、風邪をもらう

機会も増えてしまいます。

 

なので帰ってきたらまず、ナデナデを

グッと我慢して手洗いそして消毒です。

 

猫風邪の原因のウイルスは2つ

ありますが、私は1つしか

アルコール消毒が効果ないと

思っていました。

 

でも猫ヘルペス、猫カリシ、

どちらも効果あるようです。

念入りな手洗いでウイルス1/100

アルコール消毒でその1/10に!

 

手を洗って消毒すれば、1/1000

にウイルスの数を減らせるんです。

〔参考資料:感染対策情報レター

 

アルコール濃度が70%と書いてある

消毒液だと家庭用でもスーパーや

ドラッグストアにも売ってます。

ぜひぜひ会社の帰りに買って欲しいです!

 

ワクチンは部屋飼いでも必要!

完全室内だからうちの猫には必要ない?

って思うかもしれないですが、

ワクチンは風邪1つ取って見ても必要です。

環境でカバーできない所を見事に

補ってくれるのがワクチンだからです。

 

色々種類がありますが、一番少ない種類を

カバーする、3種混合ワクチン

というものがあります。

 

これだと上で書いた2つの猫風邪ウイルス

のどちらに対しても効果のあるワクチン

になってます。

 

風邪のくしゃみとかの症状がでるのは

防げませんが、ひどくなってしまうのを

防いでくれるワクチンになってます。

 

費用と猫ちゃんの健康を考えても、

ワクチンをするだけの価値があると

私は思います。

 

ぜひ一度かかりつけの獣医さんと

ワクチンの相談をしてみてくださいね^^

 

まとめ

  • 冬は部屋を暖かく保ってあげる
  • 夏並みに温かすぎもアカン
  • 湿度は50%をキープ
  • 帰ってきたら手洗い&消毒
  • ワクチンは絶対かな

まだ考えられるポイントはありますが、

今回は一人暮らしのあなたに特化して

考えてみました!

 

風邪引くと心配で仕事にもならない

日々になってしまうので、どうにか

お部屋の環境で守ってあげて

下さいね^^

 

では猫ちゃんとの幸せ生活を!





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る