猫2匹目を飼う!性別や相性を考えて見ましょう

一人暮らしをしていると、2匹目の

猫ちゃんが居たほうがいいかな?

と思ってしまいますよね。

 

特に仕事から帰ってきて、

寂しかったようにスリスリなんて

してくる姿を見たらつい。

 

実際に2匹目の猫を飼った人の声を聞くと、

  • 毛がすごいことになる(短毛なのに?笑)、
  • トイレすぐ汚れるから
  • ワクチン費用が、、、、
  • 性別考えないとスプレーが飛んでくる

と大変という意見が多いです。

しかし、

  • 兄弟みたいで賑やかで楽しい!
  • 揃ってお昼寝しててかわいい!
  • 一匹が構ってくれなくても、もう一匹が構ってくれる!笑

と、それ大変さ以上にみなさん猫ちゃんたちとの生活を

楽しんでおられるみたいです!

 

少しでも先住猫ちゃんとの

相性が良い猫ちゃんを選びたいですよね!

 

今回は2匹目の猫の選び方を性別、年齢

などを基準にご紹介したいと思います。

 

性別は異性がポイント

性別という視点で相性を見た場合、

メス猫を飼っていればオス猫

オス猫を飼っていればメス猫

という組み合わせであると

相性が合いやすいと言われています。

 

オス同士の場合は縄張り意識が強く

猫パンチ連発の喧嘩が起きている家庭もあります。

 

メス同士は、オスほど縄張り意識がないので、

トラブルが生まれるのは稀と言われています。

 

ですが、猫の集団では元々

血が繋がっていなくても

オスだと群れになることもできますが、

メスだと追い出されます

 

家庭でペットとして暮らす猫ちゃんに

当てはめることはできませんが、

メス同士でもオス同士より難しい

修羅場になることもあるそうです。

 

相性以外の性別を選ぶ基準

猫はオスよりも、メスの方が小さいです。

大きい猫ちゃんが欲しいなら

オスを選ぶといいでしょう!

 

また純血種の子供が欲しいなら

同種の異性を選ぶ必要があります。

 

その他の性別の特徴として

オス猫の尿スプレーがあります。

 

生後約6ヶ月頃になると、

発情との関係で、

尿スプレーをするようになってきます。

 

トイレ以外の場所で、自分のにおいをつける

マーキングの役割をもっています。

 

去勢手術をすることで、

防げる場合も多くなってはいますが、

メスはオスよりも頻度が少なく

臭いもあまりしないことが多いので、

気になる方はメスを選ぶといいと思います。

 

性別以外の考えるべき要素

先住猫ちゃんとの相性を考えるとき、

性別のほかに年齢があります。

 

年齢が若いほど、新しく来た猫を受け入れやすく

高齢になるほど、仲良くなりにくい

ということが挙げられます。

 

なので今、老猫を飼っている場合

新しく子猫を迎えるというのはオススメできません。

 

性別と年齢で説明しといてなんですが、、

ここまで性別と年齢の相性について書いてきましたが、

実際には、2匹の猫ちゃんの性格に左右されるところが大きいです。

 

ある程度、飼う猫ちゃんにこだわりがあるなら

相性をさておいて、2匹の猫ちゃんを慣れさせることに

重点を置いたほうがいいかもしれません!

 

○家に迎える時のポイント

猫2匹目の迎え方!飼い始める当日にしておく5つのこと

○家に迎えてからの飼い方

猫2匹目の飼い方!大切な家に来て最初の1週間の過ごす方法。

2匹目の猫ちゃんとの始まる、

幸せな暮らしの参考して貰えたら幸いです。





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る