猫ちゃんがキャリーケースやキャリーバッグを嫌がるならこうする!!

どうしても出かけなくちゃって時に、

キャリーケースやキャリーバッグを

嫌がる猫ちゃん。

 

どうしたらいいのー?と

悩んでしまうと思います。

 

猫ちゃんが喜んで入ろうとする、

「快適な空間」を目標に、

これからお伝えする方法を

試してみてくださいね!

 

キャリーケースの環境を整えてみる!

猫ちゃんが嫌がるのは、キャリーケースや

キャリーバッグの居心地が良くないから。

という理由があります。

 

  • キャリーケースの敷物
  • キャリーケースの置く場所
  • キャリーケースに入れるタイミング

を一度見直して見ましょう!

 

■敷物を考える

季節にあった敷物を選んであげましょう。

例えば冬なら暖かい毛布。

夏なら熱のこもらない素材のものです。

 

いつも猫ちゃんが使っているものなら、

さらに良いです!

自分のにおいがついてますので、

そのにおいで安心できます!

 

それともう1つ、滑らない敷物も

意味があります。

 

プラスチックで爪も立てても安定しない

キャリーケースだと、あなたの動き

に合わせて中で滑ってしまいます。

 

これがストレスになってしまう猫ちゃん

もいるので、滑りにくい洗えるマット

のようなものを入れてあげると、足元が

安定して猫ちゃんは喜ぶと思いますよ。

 

■置く場所

あなたがいつもいる部屋にしましょう。

できれば過ごす時間が多い場所で!

 

なぜかというと、

キャリーケース=一人ぼっち

と思って欲しくないからです。

 

テレビの真横のような、

騒がしい所は避けてほしいです。

 

猫ちゃんの嫌がりが強いなら、

キャリーケースに入ってても、

あなたが傍にいてくれるという事を

わかってもらいましょう!

 

その場所でキャリーケースに慣れたら、

家の色々な場所に置いて、

どこにいても安心できるんだよ。

とわかってもらいましょう。

 

■入れるタイミング

リラックス状態で入れてあげます。

もう少し具体的に言うと、

  • トイレが終わった後
  • 満足する程遊んだ後
  • ご飯を食べて満足した後

です!

もっと言えば一眠りできそうな

状態がベストです。

 

今キャリーケースに入ってもらう

必要があるなら、このリラックス

状態で入れてあげましょう。

 

そうではなくて、今じゃないけど

キャリーケースに入ってもらう訓練

としてなら、猫ちゃん自身から

入ってもらうのを待ちましょう!

 

恐怖心がある中で

無理やり入れられるのは、

自分から入る時の

100倍怖いそうです!!

 

一度怖さを経験したら、

人間でも入りたくなくなりますよね。。

 

キャリーケースを嫌がる時の慣らし方!

まずは少しの時間から過ごしてもらいましょう。

理想的な順序としては、

  • 自分から入ってもらうきっかけを作る
  • 中にいると良いことがあると思ってもらう
  • ドアを閉めても大丈夫になってもらう
  • 中に長く居れる様になってもらう

という流れです。

■自分から入ってもらうきっかけ

食事から慣れてもらうのが自然です。

ドアを開けたままにして、

好物やごはんをキャリーケースの中に

置いてみてください。

 

そして猫ちゃん自身から

入ってもらうまで見守りましょう。

入り口付近で止まっても

後ろから押さないようにです。

(ダチョウ倶楽部は押しますけど、笑)

 

■中に居ると良いことがある!

猫ちゃんがキャリーケースの中に

入ったら、頻繁に好物をあげます。

徐々に回数を少なくしていきます。

 

静かに待っていればいい事がある!

と猫ちゃんに覚えてもらう目的です。

 

■ドアを閉めても大丈夫だ!

中にいても安心できる状態になったら、

ドアを閉めてみて外から好物をあげます!

 

リビングでテレビを見ながらとか

掃除をしながら、食事を作りながら、

とあなたの生活の中で工夫できます!

 

夢中になって

傍にいること、

好物を途中であげながら。

を忘れなければ大丈夫です。

 

この段階をクリアできたら、

キャリーケースにタオルを掛けたりして、

猫ちゃんがあなたを見えない

状況を作って、好物をあげます。

 

あなたがいなくても大丈夫に様に

なって貰うためです。

 

■長く居れる様になってもらう!

ここまで来れれば最終段階です!

もう一息ですよ^^

 

いつも遊んでいるようなおもちゃや、

フードディスペンサーといった

えさが出てくるおもちゃを使って、

長くキャリーケース内に

居てもらう工夫をしてみて下さい。

 

中で猫ちゃんがスヤスヤ寝てくれる。

それが理想のゴール地点です!!

 

気をつけたいポイント!

中に居れるようになってから

ドアを閉めてみる、の様に

1つ1つクリアしてから

次に進んで下さいね。

 

猫ちゃんが鳴いて嫌がるなら、

その1つ前の段階からチャレンジします。

徹底的に猫ちゃんにとって

「嫌だ!」という気持ちを

覚えないようにするのがコツです!

 

夜の寝ている間にキャリーケースに

入っててもらうのは大丈夫ですが、

昼間の時間帯に3時間以上

中に入っているのは長すぎるので、

やめた方がいいと思います。

 

ワンちゃんと比べると、

猫ちゃんに新たな事を覚えてもらうのは

時間がかかってしまいます。

 

途中で飼い主さんの気持ちが

折れてしまう話も良く聞きます。

 

でもキャリーケースやキャリーバッグは

猫ちゃんの命を守るときにも

使うものです。

 

なので、仕事から帰ってきて

テレビを楽しんでいる時間を使って、

少しづつでもやってもらえれば。

と思います。

 

まとめ

  • キャリーケースの環境を整える
  • キャリーケースに徐々に慣れてもらう
  • ゴールは中で寝てもらえるような状態
  • 焦らずに嫌な気持ちを与えないように

といった感じになります。

 

あなたの猫ちゃんのために

ぜひ頑張って下さいね!





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る