猫ちゃんにとって2匹目を飼うのはストレス?メリットや注意点を考えてみた。

一人暮らしをしていて、

猫ちゃんを飼っていると

”2匹目がいた方がいいかな?”

と思うことがありますよね?

 

留守が長いと、1匹でお留守番するのは

かわいそうかなぁ。と感じたり。

 

そこで猫ちゃん2匹目を飼うことは

ストレスになるのか。

メリットや注意点はあるのかを

お伝えしたいと思います。

 

素敵な2匹の猫ちゃんに囲まれる

生活なったり、逆に1匹だけと決めて

今飼っている猫ちゃんとのさらなる

愛情たっぷりな生活への参考に

少しでもなれば嬉しいです^^

 

メリット① 退屈じゃなくなる

家の中にずっといると、

猫ちゃんは退屈に感じてしまいます。

 

外にいれば、野生動物や色々なにおい、

まで自動的に刺激的なものが

たくさんありますよね。

 

でも2匹で過ごしていると、

遊んで走り回ったり、

じゃれ合ったりします。

 

仲良くなると一緒に寝たり

毛づくろいをしたりと、

あなたが仕事で留守にしてても

猫ちゃん同士の触れ合い

が生まれるので、

 

精神的にも寂しい気持ちを

解消することにもつながる

思います。

 

メリット② 猫との付き合い方がわかる

人間の手だけで育てられた猫ちゃんは、

猫同士の付き合い方がわかりません。

 

例えば子猫の時には兄弟同士の間では、

”仰向けで寝っ転がったら遊びのサイン”

のような合図を使うようになります。

 

大きくなってくると時に乱暴になって

怪我をする子も出てきてしまうので、

マジの喧嘩と遊びの区別をつけています。

 

こうやって他の猫と仲良くするための

付き合い方を兄弟猫や母猫と

学んでいきます。

 

あなたの指に痛いほど噛み癖がある

猫ちゃんも、猫ちゃん同士での遊び

の中で、こういう区別を学ぶ機会が

なかったからともいえます。

 

猫ちゃん同士のことで考えると、

付き合い方を知らないので、

他の猫に会った時にどうしたらいいか

わからなくなってしまいます。

 

家猫だと他の猫と触れ合う機会は

あまりないかもしれないですが、

例えば病院に行ったときには

自分以外にも猫ちゃんが一杯です。

 

病気に治しにに行くところなのに、

そこでも他の猫ちゃんが怖いと

感じてしまうとストレスです。

 

”もう病院に行きたくないにゃ!”

と思われてしまったら、今度は

病院に行くことも、あなたにとって

大変になってしまうかもです。

 

なので、猫同士の付き合い方は大切です。

でもメリットだけかと言われると、

そうではなくて注意点もあります。

 

注意点① 仲が悪いとかえってストレスに。

2匹目の猫ちゃんと同じ家で飼い

始めても、すぐに仲良くする訳では

ありません。

 

イギリスの動物学者の

ジョン・ブラッドショーさんの調査では、

2匹の猫ちゃんを飼っている家庭で、

 

1/3の猫ちゃんはいつも避けている。

1/4の猫ちゃんは時々けんかしてる。

という結果だったそうです。

 

1匹なら安心できたあなたの部屋でも、

仲の悪い猫ちゃんが一緒に住むなら、

かえってストレスになってしまいます。

 

必ず仲が良くなる、悪くなるとは

わからないですが、あなたの今

飼っている猫ちゃんでも、2匹目の

ちゃんとのなわばりの調整には

時間がかかるのは間違いないです。

 

なのでもしあなたが2匹目を飼うなら、

その調節のためにあなたが

会わせ方の工夫をしてあげる

必要がありますよ。

 

注意点② 仲が悪くても大丈夫なために

仮に仲が悪くなった時には、

猫ちゃん同士の安心できるスペース

が必要になってきます。

 

その時のことも考えて、あなたの家に

猫ちゃんが別々に暮らせる部屋が

2つありますか?

 

いつも避けようとする猫ちゃん

同士は、離れて寝たり暮らすのが

ストレスを避ける行動になるので、

猫ちゃん1匹に対して1部屋ある

のが理想になります。

 

今いる猫ちゃんの寝床のそばに、

2匹の猫ちゃんトイレがあると、

2匹目の猫ちゃんは使えなくて、

おしっこの病気になる可能性

でてきてしまうケースもあります。

 

なので2匹なら2部屋です。

一人暮らしでも1LDKなら

2部屋あるので、

ギリギリセーフですね。

 

その部屋ごとに、トイレや

猫ちゃんが過ごす寝床を用意

してあげることを考えると、

部屋が窮屈になってきたりです。

 

もしものためのことまで考えるのは、

ちょっと面倒かもしれませんが、

これも猫ちゃんのことを考えると

必要なことだと思います。

 

注意点③ 安心したいなら・・・

里親募集している方や、

ペットショップでも、トライアル

させてもらえることもあります。

 

1週間というところもあれば、

1ヶ月というとこもあります。

 

今飼っている猫ちゃんを考えると、

このトライアル制度で、上に書いた

会わせ方を工夫して、2匹の相性を

見て判断できれば確実ですよね。

 

お互いの猫ちゃんにあなたも、

みんなが幸せになるためには、

お試しはすごく価値あると思います。

 

注意点④ 仕事の忙しさは大丈夫ですか?

2匹の猫ちゃんを飼うなら単純に、

お手入れにかかる時間は2倍です。

 

爪切りやブラッシングにお掃除と、

今の仕事をしている生活スタイルで

余裕が無い場合は、お互いのために

止めたほうが無難です。

 

やっぱりお世話をしっかりしてあげて

初めて健康に過ごせたり、愛情を

感じてもらえると思うのです。

 

自分なら・・・

飼えるほどのスペースと経済力

があれば、2匹目を飼うと思います。

 

ただ、上で書いたようにトライアルで、

飼っている猫ちゃんとの出会わせ方を

最大限サポートしてあげて、相性

考えてからですね。

 

お手入れは、猫ちゃんにずっと触って

いたいと思っているので、どんなに

仕事で疲れていても気にならない派です。

 

というか、触っているだけで

癒されます!!笑

 

きっとここまで読んでくれている

あなたも猫ちゃんをとても大切に

されていると思うので、その辺りの

心配はないのかなと思います。

 

猫ちゃんの事を学びながら、

色々とリスクも考えてあげて

今飼っている猫ちゃんと、

新しく迎える猫ちゃんのどちらも

幸せにしてあげることを思うなら、

全然2匹目はアリだと思います。

 

トライアルをした時の相性の見方も

別の記事に書くので、参考になれば

嬉しいです!

 

まとめ。

2匹目を飼うときのメリットは

  • 刺激が少ない室内飼いには向いている
  • 猫同士の付き合い方も学べるチャンス

でもでも注意点としては、

  • 仲が悪いとかえってストレスになる
  • 始めの会わせ方には注意する
  • 猫ちゃんの数だけ部屋が欲しい
  • トライアルをおすすめです
  • 仕事の忙しさとお手入れのつりあい

ということでした。

 

1匹でも2匹でも、

あなたと猫ちゃんとの間に、

愛で一杯な幸せ生活が出来ますように

応援してます^^





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る