なんで猫ちゃんがキャリーケースやキャリーバッグに入らないの??

お出かけや病院に行きたいのに、

猫ちゃんがキャリーケースや

キャリーバッグに入らない。。

 

なんで入らないんだろう?

 

それはキャリーケースやキャリーバッグで

あなたの猫ちゃんが

いい経験をしたことがないからです!

 

猫ちゃんがいい事がある!

過ごしやすい!

 

と思えるような環境つくりを

してあげてみて下さい!

 

今からつくるをポイントをお伝えします。

少しでも手助けになれれば嬉しいです。

 

猫ちゃんが入らない時に気をつけたいポイント

  • 猫ちゃん自身の行動で入ってもらう
  • キャリーケースを使うタイミング

 

まずあなたが猫ちゃんを持ち上げて、

キャリーケースやキャリーバッグに

入れようとするのはやめましょう!

 

猫ちゃんにとって、

キャリーケースは未知の場所で、

 

「入ってみたいなー」

という思いもあれば、

「なんかちょっと怖いなー」

という気持ちもあります。

 

そこであなたから猫ちゃんを

キャリーケースに入れようとすると、

必ず警戒してしまいます!

 

自分で入る時の100倍怖いという

データもあるぐらいです。

 

でも猫ちゃん自身の意思で

飛び込む未知の場所は、

大丈夫だとわかれば

次からは問題なく入ります!

 

猫ちゃんに行動を起こしてもらえる

ように考えてみるといいですよ!

 

一人暮らしをしていると、

キャリーケースを使うのは

病院に行くことばかり

という方もいると思います。

 

でも猫ちゃんがその病院で

痛かったり嫌な経験を

したことがあるなら、

入るのは100%嫌なんです!

 

だって、

入ったら必ず

嫌なことが起きるから!!

 

こうした猫ちゃんは、

まず悪いことが起きないことを

わかってもらうことから

始めましょう!

 

キャリーケースやキャリーバッグでごはん!

まずキャリーケースやキャリーバッグを

普段の生活スペースに

出しておきましょう!

 

いつでも猫ちゃんが出入りできるように

入り口を開けて置いておきます。

 

できればテレビとか音がうるさい

場所を避けて、静かな場所に

置いてあげて下さい。

 

猫ちゃんが安心するために、

猫ちゃんのにおいがついた

おもちゃ毛布

入れてあげてもいいと思います!

 

猫ちゃんの動きを観察して、

もしキャリーケースに入ったら、

すぐご褒美に好物をあげましょう!

 

いつものごはんのフードでも

大丈夫です!

 

でもまぁただ見てても

入らないのが普通なので、

こちらから攻めましょう!

 

いつものご飯をキャリーケースの中で

あげてみてください!

 

お腹がすいていれば、

食べてくれると思います!

 

最初から全てのご飯を

そこでするのではなくて、

徐々にキャリーケースで過ごす時間を

増やしていく感じです!

 

3日ぐらい続けてみて下さい。

最初はしぶしぶでも、

続けていくうちに

”安全な場所”

とわかってもらえると思います。

 

ご飯の他にも

キャリーケースの近くや中で、

遊んであげることもいいと思います。

 

その時も徐々にその時間を

増やしていってみてください。

 

家でできることはこのぐらいです。

お次は外に出てみましょう!

 

キャリーケースで軽めのおでかけだ!

いきなり長時間のお出かけや、

長距離の移動はやめておきましょう。

 

猫ちゃんが家にあるキャリーケースに

慣れてきたら、まず

5分近所を散歩してみます!

 

平日だと仕事があると思うので、

休みの日にしてみてください。

 

キャリーケースに猫ちゃん愛用の

毛布やおもちゃを入れてあげて、

なるべく外が見えないようにも

してあげてください。

 

選ぶコースは、

交通量が少ない静かな場所

です。

 

あまりに騒がしいと、

怖いイメージがついてしまいます。

 

朝早めだと、あまり交通量もなくて

静かなことが多いですよね!

 

そして帰ってきたら、

すぐに好物のフードや、

撫でてあげたりして、

 

外出は良いこと!

と覚えてもらいます。

 

もし外出中に怖くて鳴いていたら、

いったん立ち止まって、

あなたの顔を見せてあげてくださいね。

 

ケースやバッグを抱えて、

安心させてあげてください。

 

そしてこの外出を何回かして、

慣れてきたと思ったら、

病院なり、お出かけに

出かけてみてください!

 

キャリーケースに慣れとくって大切や!

猫ちゃんが嫌がるといって、

なかなかキャリーケースを使わない

飼い主さんもいるみたいですが、

 

個人的にはめちゃくちゃ重要なこと

だと思ってます。

 

猫ちゃんの急病ですぐ病院に

行かなくちゃ、というときに

すぐ移動できないし、

 

もしかしたら近頃多い台風や地震で、

今いる家から避難しなくちゃ

いけない時も、

 

移動できないし、

しても慣れていなくて、

ストレスで病気に。

 

ということになってしまう例も

報道されています。

 

キャリーケースに慣れることは、

猫ちゃんの命を守ることです。

 

一人暮らしの場合だと、

誰かにやってもらうことは

できません。

 

なので休日や仕事後の時間を利用して、

キャリーケースとお友達に

してあげてみて下さいね!

 

キャリーケースに入らない時のまとめ。

猫ちゃんが入りたいと思う環境をつくる

まず近所の外出から慣らしてあげる

キャリーケースに入るのはくそ大事!

 

でした!

それでは猫ちゃんとの幸せな暮らしを!!





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る